WilderのRSI
オシレーター系のテクニカル指標。Relative Strength Index の略でRSIで呼ばれるのが一般的。
Welles Wilderによって1978年に発表された。後にCutlerによって計算式が改良され、現在ではCulterのRSIが一般的。

RSIは前日比を使って計算するが、前日比の代わりに標準偏差を使って計算するRVI、モメンタムを使って計算するRMIなどの
テクニカル指標も存在する。

計算式
WilderのRSI = 値上がり幅の修正移動平均(α) ÷ (値上がり幅の修正移動平均(α) + 値下がり幅の修正移動平均(α)) × 100
α=1/14を使うことをWilderは推奨している。
日経平均終値とWilderのRSIの図

日経平均 WilderのRSI度数分布図(14日,2000年〜2009年)
14日で計算した場合、一般的に30以下で売られすぎ、70以上は買われすぎと判断します。
度数分布図を見ると、14日で計算した場合は30以下で売られすぎ、70以上で買われすぎという判断で良いと思います。
上昇トレンドの時は50%以上、下落トレンドの時は50%以下で推移することが多いです。
WilderのRSIの詳しい度数分布図についてはこちらを参照して下さい。。



ExcelでWilderRSIを計算する
Excelを使ってWilderのRSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した 高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

WilderのRSIの計算式は複雑なので各パートをそれぞれ計算して最後にRSIを計算します。
ここでは任意の日数ののRSIを計算するためにOFFSET関数を使っています。

K4セルはRSIの計算日数を指定するセルとします。

G列、H列は前日比を計算します。
G列は前日比プラスの場合に前日比(値幅)を計算し、マイナスの場合は0を代入するようにしています。
H列は前日比マイナスの場合に前日比(値幅)を計算し、プラスの場合は0を代入するようにしています。

I列では前日比プラス(G列)の修正移動平均を計算します。計算式の解説は修正移動平均を参照してください。
J列では前日比マイナス(H列)の修正移動平均を計算します。計算式の解説は修正移動平均を参照してください。

K列でI列、J列の値を使ってRSIを計算しています。
計算式は赤枠内赤字部分
IF((I6+J6)=0,0,I6/(I6+J6)*100)
です。
RSIそのものを計算している部分は
I6/(I6+J6)*100
なのですが、分母が0になる可能性を否定出来ないので(この場合I6+J6=0)、この場合は0を返すようにするために
IF文を使っています。

G6〜K6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればWilderのRSIを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


株とは何か 市場・投資・企業を読み解く
税込 1728円

オニールの成長株発掘法 【第4版】 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
税込 4104円

いまこの株が買い!
税込 1404円

行動ファイナンス 市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論
税込 3024円

海外預金口座の開設・活用徹底ガイド
税込 1728円

ゼミナール 相場としての外国為替
税込 3024円

グレアム・バフェット流投資のスクリーニングモデル
税込 4104円

デリバティブのプロが教える金融基礎力養成講座
税込 1944円


inserted by FC2 system