Zero Lag MACD
Zero Lag MACDはPeter Martinによって開発されたMACDの一種で、DEMAを使って計算するMACDです。

計算式
Zero Lag MACD = 短期DEMA(N) - 長期DEMA(M)
N,Mは任意だがN<Mとなるように設定する
日経平均終値とZero Lag MACDの図




Excelを使ってZero Lag MACDを計算する
Excelを使ってZero Lag MACDを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

任意の日数のZero Lag MACDが計算できるようにOFFSET関数を使います。
Zero Lag MACDは2本のDEMAを使って計算するので、
先にこれらを計算してからZero Lag MACDを計算します。

I4セル,L4セルはZero Lag MACDの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列〜I列で短期のDEMAをを計算します。計算式の説明はDEMAを参照して下さい。

J列〜L列で長期のDEMAをを計算します。計算式の説明はDEMAを参照して下さい。

M列でZero Lag MACDを計算します。
計算部分は赤枠内赤字部分
I6-L6
です。

G6セルからL6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればZero Lag MACDが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと
税込 1944円

はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本
税込 1620円

先物・オプション検定
税込 864円

株は6パターンで勝つ リスクをとりたくない人のための必勝投資法
税込 3024円

株価の見方 第7版
税込 928円

ブレない投資手法 曲げない投資哲学
税込 1890円

シュワッガーのマーケット教室
税込 3024円

プライスアクションとローソク足の法則
税込 6264円


inserted by FC2 system