OBVDI
OBVDIはオンバランスボリュームボリンジャーバンドオシレーターを計算し、
同期間の終値のボリンジャーバンドオシレーターで割った指標です。
価格変動と売買圧力のバランスを可視化する指標です。

計算式
OBVDI = (1 + OBVのN日ボリンジャーバンドオシレーター) ÷ (1 + 終値のN日ボリンジャーバンドオシレーター)
Nは任意
日経平均終値とOBVDIの図




ExcelでOBVDIを計算する
Excelを使ってOBVDIを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
STDEV(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の標準偏差を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
OBVDIはオンバランスボリュームボリンジャーバンドオシレーターを使って計算される指標です。
ここでは任意のパラメータのOBVDIが計算できるようにOFFSET関数を使っています。

G列でオンバランスボリュームを計算します。計算式の説明はオンバランスボリュームを参照してください。

H列でG列のN日標準偏差を計算します。STDEV関数を使うだけなので計算式の説明は省略します。

I列でオンバランスボリュームのボリンジャーバンドオシレーターを計算します。
計算式の説明はボリンジャーバンドオシレーターを参照してください。

J列,K列で終値のボリンジャーバンドオシレーターを計算します。
計算式の説明はボリンジャーバンドオシレーターを参照してください。

L列でOBVDIを計算します。OBVDIはI列とK列の値を使って計算されるので
計算式は赤枠内赤字部分
=(1+K6)/(1+I6)
となります。

G6〜L6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればOBVDIが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


相場心理を読み解く出来高分析入門
税込 5184円

日本の株価
税込 4860円

面白いほどよくわかる株式投資
税込 1512円

スペランデオのトレード実践講座
税込 3024円

金融工学
税込 928円

新たなる金融危機に向かう世界
税込 1728円

最高経営責任者バフェット
税込 3024円

相場で負けたときに読む本〜真理編〜
税込 1620円


inserted by FC2 system