William's Sentiment Index
William's Sentiment IndexはLarry Williamsが開発したテクニカル指標で市場のセンチメントを測る指標です。
0〜100の間の値を取り、数字が増加している間は強気、数値が減少している間は弱気と判断します。

計算式
TH = 前日終値と当日高値を比べて高いほう
TL = 前日終値と当日安値を比べて安いほう
WSI = (終値のN日単純移動平均 - TLのN日単純移動平均) ÷ (THのN日単純移動平均 - TLのN日単純移動平均) × 100
Nは任意
日経平均終値とWilliam's Sentiment Indexの図




ExcelでWilliam's Sentiment Indexを計算する
Excelを使ってWilliam's Sentiment Indexを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のWilliam's Sentiment Indexが計算できるようにOFFSET関数を使います。

K4セルはのWilliam's Sentiment Indexの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列でTrueHighを計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列でTrueLowを計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

I列、J列でそれぞれG列、H列の単純移動平均を計算します。計算式の説明は単純移動平均を参照して下さい。

K列でWilliam's Sentiment Indexを計算します。
計算式は赤枠内の赤字部分
(AVERAGE(OFFSET(E6,0,0,-$K$4,1))-J6)/(I6-J6)*100
となります。

G6〜K6セルコピーしG7以下のセルにペーストすればWilliam's Sentiment Indexが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


先物の世界 相場戒律
税込 2571円

ど素人が読める株価チャートの本
税込 1620円

酒田五法は風林火山 -相場ケイ線道の極意-
税込 1852円

取引所FX くりっく365完全ガイド
税込 1338円

出来岡潔の投資の学校 チャートが読めれば投資が変わる
税込 3703円

フォーキャスト2017
税込 8100円

2010年のアジア 次世代の成長シナリオ
税込 1728円

金融工学の救世主
税込 1620円


inserted by FC2 system