Summation Noise Indicator
Adam Whiteが開発したテクニカル指標です。持ち合いかトレンドかを判断するための指標で
1付近では持ち合いと判断し、0付近ではトレンドと判断します。

計算式
SNI = (前日比の絶対値のN日総和 - M日単純移動平均の前日比の絶対値のN日総和) ÷ 前日比の絶対値のN日総和
N,Mは任意
日経平均終値とSummation Noise Indicatorの図




Excelを使ってSummation Noise Indicatorを計算する
Excelを使ってSummation Noise Indicatorを計算する手順を説明します。

使用する関数
ABS(数値)
指定した数値の絶対値を返します。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意のパラメータのSummation Noise Indicatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

H4セル,I4セルはSNIのパラメータを指定するセルとします。

G列で前日比の絶対値を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

H列でG列のN日総和します。簡単な計算式なので説明は省略します。

I列で終値の単純移動平均を計算します。計算式の説明は単純移動平均を参照してください。

J列でI列の前日比の絶対値を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

K列でJ列のN日総和を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

L列でSummation Noise Indicatorを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
(H6-K6)/H6
です。

G6〜L6セルをセルにコピーしG7以下のセルにペーストすればSummation Noise Indicatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


実践FXトレーディング 勝てる相場パターンの見極め法
税込 4104円

マーケットの魔術師
税込 3024円

外資の稼ぎ方 その儲けの仕組み、全部暴く!
税込 810円

裁量トレーダーの心得 初心者編
税込 5184円

ネットではじめるFX
税込 1404円

ハイ・レバレッジFX投資 500倍勝負できる最後のチャンス!
税込 1620円

世界経済を読み解くカギ 金(ゴールド)の秘密
税込 1620円

会社四季報で学ぶ、株式投資のための会計入門
税込 1728円


inserted by FC2 system