Summation Noise Indicator
Adam Whiteが開発したテクニカル指標です。持ち合いかトレンドかを判断するための指標で
1付近では持ち合いと判断し、0付近ではトレンドと判断します。

計算式
SNI = (前日比の絶対値のN日総和 - M日単純移動平均の前日比の絶対値のN日総和) ÷ 前日比の絶対値のN日総和
N,Mは任意
日経平均終値とSummation Noise Indicatorの図




Excelを使ってSummation Noise Indicatorを計算する
Excelを使ってSummation Noise Indicatorを計算する手順を説明します。

使用する関数
ABS(数値)
指定した数値の絶対値を返します。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意のパラメータのSummation Noise Indicatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

H4セル,I4セルはSNIのパラメータを指定するセルとします。

G列で前日比の絶対値を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

H列でG列のN日総和します。簡単な計算式なので説明は省略します。

I列で終値の単純移動平均を計算します。計算式の説明は単純移動平均を参照してください。

J列でI列の前日比の絶対値を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

K列でJ列のN日総和を計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

L列でSummation Noise Indicatorを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
(H6-K6)/H6
です。

G6〜L6セルをセルにコピーしG7以下のセルにペーストすればSummation Noise Indicatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


金融工学の新展開
税込 3456円

50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX
税込 1512円

会社四季報で学ぶ、株式投資のための会計入門
税込 1728円

マネー誌ZAi 1000万円株バトル!! デイトレ&スイング 株ですぐに儲ける法
税込 1620円

マーケットの魔術師 システムトレーダー編
税込 5142円

巨大市場インドのすべて
税込 1620円

1年で6000万円儲けたFX達人が教える FXシステムトレード超入門
税込 1512円

FX常勝のトレードテクニック デイトレ&スイングで儲ける!
税込 1620円


inserted by FC2 system