eKam CCI
eKam CCIはCCIの平均偏差の部分を標準偏差で置き換えたものです。
スケーリングファクターも若干変わっていますが、本質的な変化はありません。

計算式
TP = (高値 + 安値 + 終値) ÷ 3
eKam CCI = (TP - TPのN日単純移動平均) ÷ TPのN日標準偏差 ÷ 3 × M
N,Mは任意だがM=245を使うのが一般的
日経平均終値とeKam CCIの図




ExcelでeKam CCIを計算する
Excelを使ってでeKam CCIを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算します。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。

STDEV(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の標準偏差を計算します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意のパラメータのeKam CCIが計算できるようにOFFSET関数を使います。

H4セル、I4セルはeKam CCIの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列でTypicalPriceを計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。
G5セルをG6セルにコピーします。

H列でG列の標準偏差を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

I列でeKam CCIを計算します。
計算部分は赤枠内赤字部分
IF(H6=0,I5,(G6-AVERAGE(OFFSET(G6,0,0,-$H$4,1)))/H6/3*$I$4)
です。

G6〜I6セルをコピーしてG7以下のセルにペーストすればeKam CCIが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


増補決定版 ラクに! 速く! 儲かる! 株の自動売買超入門
税込 1620円

図解 株で億万長者になる! 「バフェット式」投資ノート
税込 1296円

慶応大学投資クラブ「SPEC」が贈るぼくらの株式投資奮闘日記
税込 1620円

続高勝率トレード学のススメ
税込 6264円

世界一わかりやすい! 株価チャート実践帳 スキャルピング編
税込 1728円

ストックマーケットテクニック 基礎編
税込 4104円

入門ヘッジファンド やさしくわかるヘッジファンドのすべて
税込 3024円

海外投資信託の選び方・買い方
税込 1512円


inserted by FC2 system