Driver's Q Oscillator
Driver's Q Oscillator複雑な計算を行うトレンド指標です。2本の指数移動平均でトレンドを判断し、
トレンドが継続する間は基本的には数値が上昇するようになっています。
トレンドが転換すると0にリセットされ、トレンドが細かく変化する持ち合い相場やトレンドに逆行するような動きになった場合は、
数値が下落することが多いようです。
トレンドの方向は判断できない指標なので他の指標と組み合わせて使います。

計算式
pds = N日指数移動平均がM日指数移動平均よりも大きい場合、1、それ以外、-1 (N<Mとする)
cpc = pdsと前日pdsが違う場合、0、それ以外、終値の前日比 × pds + 前日cpc
trend = pdsと前日pdsが違う場合、0、それ以外、(cpc + 前日trend × (L - 1)) ÷ L
dt = (cpc - trend)の2乗
Driver's Q Oscillator = trend ÷ {(dtのK日単純移動平均)の平方根}
N,M,L,Kは任意、N<Mとする
日経平均終値とDriver's Q Oscillatorの図




ExcelでDriver's Q Oscillatorを計算する
Excelを使ってDriver's Q Oscillatorを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のDriver's Q Oscillatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

H4,I4,L4,N4セルはDriver's Q Oscillatorの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列で前日比を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列、I列で短期の指数移動平均、長期の指数移動平均をそれぞれ計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照して下さい。

J列でpdsを計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

K列でcpcを計算します。
計算部分は
IF(J6<>J5,0,G6*J6+K5)
となります。

L列でtrendを計算します。 計算部分は
IF(J6<>J5,0,(K6+L5*($L$4-1))/$L$4)
となります。

M列でdtを計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

N列でDriver's Q Oscillatorを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
L6/AVERAGE(OFFSET(M6,0,0,-$N$4,1))^0.5
です。

G6〜N6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればDriver's Q Oscillatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


オプションボラティリティ売買入門 プロトレーダーの実践的教科書
税込 6264円

金融資産を守る エコノミスト増刊 2011年 3/21号
税込 1028円

えつこの夢を叶えるFXエクスプレス通信
税込 5400円

連結情報で株式投資
税込 1728円

株式投資が富への道を導く
税込 2160円

ETFではじめる海外投資スタートBOOK
税込 1337円

名門外資系アナリストが実践している為替のルール
税込 1620円

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略
税込 3024円


inserted by FC2 system