CMF(Chaikin's Money Flow)
Marc Chaikinによって考案された出来高指標です。A/D Lineと考え方は同じで変動圧力を数値化します。 A/D Lineは累積値なので計算開始日によって数値が大きく変化しましたが、CMFは計算期間があることと、 出来高によって規格化していることが特徴です。

計算式
CLV={(終値 - 安値) - (高値 - 終値)} ÷ (高値 - 安値)
CMF=(CLV×出来高)のN日総和 ÷ 出来高のN日総和
N=は任意
日経平均終値とCMF

数値が上昇しているときは上昇トレンド、下落しているときは下落トレンドと判断する。
また、株価との逆行現象が観測された場合はトレンド転換が近いと判断する。




ExcelでCMFを計算する
Excelを使ってCMFを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算する。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した 高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
計算しやすいようにいくつかのパートに分けてCMFを計算します。
OFFSET関数を使って任意の日数のCMFを計算できるようにしています。

H4セルはCMFを計算する日数を指定することに使います。
G列はCLV×出来高を計算します。この部分はA/D Lineのそれと同じなので式の説明はA/D Lineを参照してください。

H列はCMFを計算します。計算式はG列のN日総和/出来高のN日総和なので
式は赤枠内の赤字部分
SUM(OFFSET(G5,0,0,-$H$4,1))/SUM(OFFSET(F5,0,0,-$H$4,1))
になります。

G5,H5セルG6以下のセルにそれぞれコピー&ペーストすれば、CMFが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


超・投資勉強法 「動乱の時代」に金運に恵まれる人、恵まれない人
税込 1728円

完全レベル別30代〜50代のための海外投資「超」入門
税込 1620円

テクニカル分析 Σ3級コース
税込 12960円

リスク・テイカーズ 相場を動かす8人のカリスマ投資家
税込 1944円

バフェット・コード バフェット流シンプル投資の秘密
税込 1728円

投資の王道 株式市場のテクニカル分析
税込 3888円

新版 私でも面白いほどわかる決算書
税込 616円

株の短期売買実践ノート
税込 1944円


inserted by FC2 system