A/D Line(Accumulation/Distribution Line)
A/D LineはMarc Chaikinによって開発された出来高指標です。
CLVと出来高を使うことによって、終値を使ったテクニカル指標では見えてこない変動圧力を数値化します。
計算式
A/DLine = 前日A/DLine + CLV × 出来高
CLV={(終値 - 安値) - (高値 - 終値)} ÷ (高値 - 安値)
高値=安値の場合はCLV=0とする
日経平均終値とA/D Lineの図

株価が持ち合いの時にA/DLineが上昇してきたら上昇圧力が強くなってきていると判断し、
下落してきたら下落圧力が強くなってきていると判断する。




ExcelでA/D Lineを計算する
Excelで使用する関数
IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。
A/D Lineは過去のCLV×出来高の累積です。
計算開始日によって数値が変わることに注意してください。

G列はCLV×出来高を計算します。
計算式は
=IF(C5=D5,0,((E5-D5)-(C5-E5))/(C5-D5)*F5)
です。

H列はA/D Lineを計算します。
A/D LineはG列の累積値になるので、計算式は
=SUM($G$5:G5)
となります。

G6、H6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればA/D Lineが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


テクニカル分析の迷信 行動ファイナンスと統計学を活用した科学的アプローチ
税込 10584円

オプション倶楽部の投資法
税込 21384円

幸せなお金持ちになるための日経225先物必勝トレード術
税込 1728円

証券アナリストが教える金融マンの会計と証券の基礎知識
税込 1944円

株の達人CDシリーズ第6巻 オシレーター指標の分析〜ストキャスティクス編〜
税込 2160円

最強の投資家バフェット 日経ビジネス人文庫
税込 802円

コモディティデリバティブ入門
税込 3780円

最新コモディティの基本と仕組みがよ〜くわかる本
税込 1512円


inserted by FC2 system