WRPC(Wilson Relative Price Channel)
Wilson Relative Price ChannelはLeon Wilsonが開発した指標でボリンジャーバンドのような指標です。
4本の線で構成される価格指標でRSIを元に計算されます。

計算式
eRSI = N日RSIのM日指数移動平均
OB = 終値 - 終値 × (eRSI - α) ÷ 100
OS = 終値 - 終値 × (eRSI - β) ÷ 100
NU = 終値 - 終値 × (eRSI - γ) ÷ 100
NL = 終値 - 終値 × (eRSI - δ) ÷ 100

N,M,α,β,γ,δは任意、N=34,M=2,α=70,β=30,γ=55,δ=45を推奨
日経平均終値とWilson Relative Price Channelの図




Excelを使ってWilson Relative Price Channelを計算する
Excelを使ってWilson Relative Price Channelを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意のパラメータのWilson Relative Price Channelが計算できるようにOFFSET関数を使います。

Wilson Relative Price Channelの計算にはRSIの値が必要になるのでまずそれを計算してからWilson Relative Price Channelを計算します。

I4セル〜N4セルはWilson Relative Price Channelの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列〜I列でRSIを計算します。ここではCutletのRSIをRSIとして使います。計算式の説明はRSIを参照してください。

J列でI列の指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照して下さい。

K列でOBを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
E6-E6*((J6-$K$4)/100)
となります。

L,M,N列でOS,NU,NLを計算します。計算式はK列の式の$K$4の部分を、それぞれ$L$4,$M$4,$N$4とするだけなので式の説明は省略します。

G6〜N6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればWilson Relative Price Channelが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


私はこうして投資を学んだ
税込 5184円

不安な時代の知的マネー運用術
税込 1944円

海外分散投資入門 日本が財政破たんしても生き抜くためのノウハウ
税込 756円

コナーズの短期売買戦略 検証して初めてわかるマーケットの本当の姿
税込 5184円

バリュー投資 株の本当の価値を問う
税込 1728円

トレードの教典――メンタル強化 チャート読解 損失管理
税込 4104円

株価チャートの鉄人
税込 1728円

MetaTrader 4で始める FX自動売買システム作成の教科書
税込 3024円


inserted by FC2 system