WEVOMO
加重移動平均の一種でMOMAから派生した移動平均です。
実態は(MOMA+出来高加重移動平均+線形加重移動平均)÷3です。

計算式
WEVOMO = (N日MOMA + N日出来高加重移動平均 + N日線形加重移動平均) ÷ 3
Nは任意
日経平均終値とWEVOMO




ExcelでWEVOMOを計算する
Excelを使ってWEVOMOを計算する手順を説明します。

使用する関数
ABS(数値)
指定した数値の絶対値を返します。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
WEVOMOはMOMAと出来高加重移動平均と線形加重移動平均の平均値なのでこれらを計算してからWEVOMOを計算します。
ここでは任意の日数のWEVOMOが計算できるようにOFFSET関数を使います。

I5セルはWEVOMOの計算日数を指定するセルとします。

G〜I列でMOMAの計算をします。計算式の説明はMOMAを参照してください。

J列で出来高加重移動平均を計算します。計算式の説明は出来高加重移動平均を参照してください。

K列,L列で線形加重移動平均を計算します。
K列で線形加重移動平均の係数を計算します。K5セルに1を入力して、K6セルに=K5+1と入力します。
L列で線形加重移動平均を計算します。計算式の説明は線形加重移動平均を参照してください。

M列でWEVOMOを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
AVERAGE(I6:J6,L6)
になります。

G6〜M6セルをコピーして、G7以下のセルペーストすればWEVOMOが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


日経225Weeklyオプション取引入門
税込 1944円

出来高・価格分析の完全ガイド 100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす
税込 4104円

はじめてでも安心の外国為替オンライントレード
税込 1404円

バツイチ&3人の息子を抱えるシングルマザーが編み出した給料分を稼ぐ超シンプルFX
税込 1728円

渋沢栄一 先見と行動 時代の風を読む
税込 2700円

ブルークス流 テクニカル運用戦略
税込 3672円

マンガ 相場の神様本間宗久翁秘録-酒田罫線法の源流
税込 2160円

リスクをヘッジできない本当の理由
税込 918円


inserted by FC2 system