和光ボリュームレシオ
和光証券が開発した出来高指標です。ボリュームレシオの一種で-100〜100の間の値を取ります。

計算式
VoP = 直近N日間の前日比プラスの出来高合計
VoN = 直近N日間の前日比0以下の出来高合計
VoS = 直近N日の出来高合計
和光ボリュームレシオ = (VoP - VoN) ÷ VoS ×100
Nは任意
日経平均終値と和光ボリュームレシオの図




Excelで和光ボリュームレシオを計算する
Excelを使って和光ボリュームレシオを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUMIF(数値1,数値2,…)
条件範囲内で条件に合致したものの合計を計算する。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
和光ボリュームレシオは前日比プラス日の出来高合計と前日比0以下の日の出来高合計の差を
期間内の出来高合計で標準化した指標です。
任意のパラメータの和光ボリュームレシオを計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルは和光ボリュームレシオの計算日数を指定するセルとします。

G列で前日比プラスの出来高を抜き出します。条件に合わないときは0とします。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で前日比0以下の出来高を抜き出します。
これはG列で0になったときの条件と等しいので、G列が0のときに出来高、そうでないときに0を代入するようにします。
簡単な計算式なので式の説明は省略します。

I列で和光ボリュームレシオを計算します。
和光ボリュームレシオはG列の区間内総和とH列の区間内総和の差をF列の区間内総和で割れば計算できるので 計算式は
(SUM(OFFSET(G6,0,0,-$I$4,1))-SUM(OFFSET(H6,0,0,-$I$4,1)))/SUM(OFFSET(F6,0,0,-$I$4,1))*100
となります。

G6〜I6セルをコピーしてG7以下のセルにペーストすれば、和光ボリュームレシオが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


月刊トレチャ PDF版
税込 5000円

未来を見通す日本株スーパーサイクル投資
税込 1620円

出来岡潔の投資の学校 チャートが読めれば投資が変わる
税込 3703円

私はこうして投資を学んだ
税込 5184円

225 BRAIN DAILY (日経225タイムサイクル&トレードテクニックレポート)
税込 10000円

えつこの夢を叶えるFXエクスプレス通信
税込 5400円

最強のFX理論を君たちに教えたい
税込 1620円

株式超短期売買法 ミクロトレンドを使ったスキャルピング法
税込 4104円


inserted by FC2 system