和光ボリュームレシオ
和光証券が開発した出来高指標です。ボリュームレシオの一種で-100〜100の間の値を取ります。

計算式
VoP = 直近N日間の前日比プラスの出来高合計
VoN = 直近N日間の前日比0以下の出来高合計
VoS = 直近N日の出来高合計
和光ボリュームレシオ = (VoP - VoN) ÷ VoS ×100
Nは任意
日経平均終値と和光ボリュームレシオの図




Excelで和光ボリュームレシオを計算する
Excelを使って和光ボリュームレシオを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUMIF(数値1,数値2,…)
条件範囲内で条件に合致したものの合計を計算する。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
和光ボリュームレシオは前日比プラス日の出来高合計と前日比0以下の日の出来高合計の差を
期間内の出来高合計で標準化した指標です。
任意のパラメータの和光ボリュームレシオを計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルは和光ボリュームレシオの計算日数を指定するセルとします。

G列で前日比プラスの出来高を抜き出します。条件に合わないときは0とします。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で前日比0以下の出来高を抜き出します。
これはG列で0になったときの条件と等しいので、G列が0のときに出来高、そうでないときに0を代入するようにします。
簡単な計算式なので式の説明は省略します。

I列で和光ボリュームレシオを計算します。
和光ボリュームレシオはG列の区間内総和とH列の区間内総和の差をF列の区間内総和で割れば計算できるので 計算式は
(SUM(OFFSET(G6,0,0,-$I$4,1))-SUM(OFFSET(H6,0,0,-$I$4,1)))/SUM(OFFSET(F6,0,0,-$I$4,1))*100
となります。

G6〜I6セルをコピーしてG7以下のセルにペーストすれば、和光ボリュームレシオが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


ヒットエンドラン株式売買法
税込 19224円

9000万円稼ぐデイトレダーのFX自動売買入門
税込 2005円

ビデオ 第2巻(2)林康史のテクニカル分析を極める短期集中講座
税込 9800円

FXから外貨預金まで図解で覚える 外貨投資50の法則
税込 1512円

私もインターネットで外貨デビュー!
税込 1728円

CFD完全ガイド 究極の投資で資産を守る
税込 2160円

天才数学者はこう賭ける 誰も語らなかった株とギャンブルの話
税込 2592円

株とFX 3日でプロ並にチャートが読めるようになる
税込 1512円


inserted by FC2 system