Williams Accumulation/Distribution
Williams Accumulation/DistributionはLarry Williamsによって開発された指標です。
Williams ADもしくはWilliams A/Dと略されます。
買い圧力と売り圧力の可視化を目指した指標で、実際の運用では株価と指標のダイバージェンスに注目します。

計算式
TH = 当日高値と前日終値を比較して高い方の値
TL = 当日安値と前日終値を比較して安い方の値
当日終値>前日終値の場合 AD = 終値 - TL
当日終値<前日終値の場合 AD = 終値 - TH
当日終値=前日終値の場合 AD = 0
WAD = AD + 前日WAD
日経平均終値とWilliams Accumulation/Distributionの図
終値の動きと指標の動きが連動しなくなったらトレンド転換が近いと判断する。




ExcelでWilliams Accumulation/Distributionを計算する
Excelを使ってWilliams Accumulation/Distributionを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。
Williams Accumulation/Distributionは累積型の指標です。
計算開始日によって数値が変わることに注意してください。

G列、H列でそれぞれTrue High、True Lowを計算します。簡単な計算式なので説明は省略します。

I列でADを計算します。
ADは前日比がプラスなら終値-TL、マイナスなら終値-TH、前日比0なら0とするので
計算式は
=IF(E6>E5,E6-H6,IF(E6<E5,E6-G6,0))
となります。

J列でWilliams Accumulation/Distributionを計算します。
計算式はAD+前日WADなので式は
=J5+I6
となります。
G6〜J6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればWilliams Accumulation/Distributionが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


市場のアノマリーと行動ファイナンス
税込 3024円

投資で浮かぶ人 沈む人
税込 1404円

テクニカル指標の読み方・使い方 相場で勝つための基本と実践
税込 1566円

トレードコーチとメンタルクリニック 無理をしない自分だけの成功ルール
税込 3024円

株とFX 3日でプロ並にチャートが読めるようになる
税込 1512円

株の達人CDシリーズ第3巻 短期売買の銘柄選びと売買ポイント
税込 2160円

狙って獲る「株・大勝ちの条件」
税込 1620円

最新版 デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!
税込 1620円


inserted by FC2 system