出来高加重移動平均
出来高加重移動平均は加重移動平均の一種で、直近N日の個々の終値に係数としてその日の出来高を掛けて平均を計算するものです。

計算式
出来高加重移動平均 = (C1×V1+C2×V2+…+Cn×Vn)/(V1+V2+…+Vn)
C1…Cnは終値
V1…Vnは出来高
日経平均終値と出来高加重移動平均の図




Excelを使って出来高加重移動平均線を計算する
Excelを使って出来高加重移動平均線を計算する手順を説明します。

使用する関数
SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

出来高加重移動平均は加重移動平均と同様にSUMPRODUCT関数を使うと簡単に計算できます。
ここでは任意の日数の加重移動平均が計算できるようにOFFSET関数を使います。

I列で出来高加重移動平均を計算します。
I4セルで加重移動平均の日数を指定します。
計算式の部分は赤の囲み内の赤い文字の部分です。計算式が2行になっていて見にくいので、書き出すと
SUMPRODUCT(OFFSET(E5,0,0,-$I$4,1),OFFSET(F5,0,0,-$I$4,1))/SUM(OFFSET(F5,0,0,-$I$4,1))
のようになっています。この部分の形は加重移動平均と同じです。
式の前半部分
SUMPRODUCT(OFFSET(E5,0,0,-$I$4,1),OFFSET(F5,0,0,-$I$4,1))
で終値と出来高の積の和を計算しています。
一つめのOFFSET関数は終値の配列、二つめのOFFSET関数は出来高の配列を指定しています。
これを出来高の総和
SUM(OFFSET(F5,0,0,-$I$4,1))
で割れば出来高加重移動平均が計算できます。
I5セルをI6以下のセルにコピー&ペーストすれば出来高加重移動平均線が計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


リバモアの株式投資術
税込 1620円

個人投資家を救う58の戦略
税込 1728円

投資知識ゼロでもよくわかる かんたんFX入門
税込 1404円

投資家のための米国経済 超短期予測レポート
税込 5400円

図解 早わかり ベトナムビジネス
税込 1944円

浜島昭平の株「短期トレード」テクニック
税込 1728円

カプランのオプション売買戦略
税込 8424円

100キーワードで株式と証券のことがびっくりするほどわかる本
税込 1620円


inserted by FC2 system