ボラティリティシステム
Wilderが開発したテクニカル指標。シャンデリアシステムとも言います。
主に逆張りで使う指標です。VIUpperとVILowerの2本の線で構成され、VIUpperに近づいたときは逆張りで売り、
VILowerに近づいたときは逆張りで買いと判断します。

計算式
VIUpper = N日間の終値の最高値 + (ATR × W)
VILoer = N日間の終値の最安値 - (ATR × W)

N,Wは任意 Wは2.0〜2.9が多く用いられる
日経平均終値とボラティリティシステムの図




Excelでボラティリティシステムを計算する
Excelを使ってボラティリティシステムを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
任意のパラメータのボラティリティシステムが計算できるようOFFSET関数を使います。

H4,I4セルはボラティリティシステムのパラメータを指定するセルとします。

G列,H列でTrueRange,ATRを計算します。

I列でUpperを計算します。UpperはN日間の終値の最高値+(ATR×W)で計算されるので、
式は赤枠内赤字部分
MAX(OFFSET(E6,0,0,-$H$4,1))+$I$4*H6
となります。

J列でLowerを計算します。LowerはN日間の終値の最安値-(ATR×W)で計算されるので、
式は赤枠内赤字部分
MIN(OFFSET(E6,0,0,-$H$4,1))-$I$4*H6
となります。

G6〜J6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればボラティリティシステムが計算できます。


Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


FUTURES JAPAN 2009年1月号
税込 925円

チャートがしっかり読めるようになるFX入門
税込 1404円

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った「商品先物取引」入門
税込 1728円

勝ち切る投資 お金の神様2
税込 1620円

FUTURES JAPAN 2009年3月号
税込 925円

黄金の扉を開く賢者の海外FX投資術
税込 1728円

株価の見方 第7版
税込 928円

実践・株のトレーディング
税込 1944円


inserted by FC2 system