Volatility Ratio
Jack Schwagerが開発したテクニカル指標です。
変動率を見る指標で、N日間TRというものを定義し、TRをN日間TRで割って計算します。
変動幅が大きくなると数値が上昇し、小さくなると数値が下落します。

計算式
N日間TR = N日前終値とN日間最高値を比較して高いもの - N日前終値とN日間最安値を比較して安いもの
{N日前終値とN日間最高値を比較して高いもの}とはN日間最高値を計算し、さらにその前日の終値を比較して高い方の数値を取ります
安い方も同様です
VolRatio = TrueRange ÷ N日間TR
Nは任意
日経平均終値とVolatility Ratioの図




ExcelでVolatility Ratioを計算する
Excelを使ってVolatility Ratioを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の最小値を返します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の最大値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
任意の日数のVolatility Ratioが計算できるようOFFSET関数を使います。

G4セルはVolatility Ratioのパラメータを指定するセルとします。

F列でTrueRangeを計算します。ここではMAX関数とMIN関数を使った計算式を使います。簡単な計算式なので説明は省略します。

G列でVolatility Ratioを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
F6/(MAX(OFFSET(C6,0,0,-$G$4,1),OFFSET(E6,-$G$4,0,1,1))-
MIN(OFFSET(D6,0,0,-$G$4,1),OFFSET(E6,-$G$4,0,1,1)))
です。
分母の計算式が複雑なので順番に説明します。 まず、分母の初めの項
MAX(OFFSET(C6,0,0,-$G$4,1),OFFSET(E6,-$G$4,0,1,1))
は計算式のN日前終値とN日間最高値を比較して高いものを計算している部分です。
MAX関数内の初めのOFFSET関数、OFFSET(C6,0,0,-$G$4,1)は高値のN日配列を指定しています。
次のOFFSE関数、OFFSET(E6,-$G$4,0,1,1)はN日前終値を指定します。
この中から高値を計算すればN日前終値とN日間最高値を比較して高いものが計算できます。
次のMIN関数内も同様で、MIN関数内の初めのOFFSET関数、OFFSET(D6,0,0,-$G$4,1)は安値のN日配列を指定し、
次のOFFSET関数、OFFSET(E6,-$G$4,0,1,1)はN日前終値を指定します。


F6〜G6セルをコピーしF7以下のセルにペーストすればVolatility Ratioが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


株とは何か 市場・投資・企業を読み解く
税込 1728円

日本人が知らない巨大市場 水ビジネスに挑む
税込 1706円

相場道 小説・本間宗久
税込 1728円

最新石油トレーディング
税込 4011円

ベトナム株完全投資ガイド 口座開設から、銘柄選び・儲け方まで
税込 1728円

FX市場を創った男たち 外国為替市場の歴史とディーラーたちの足跡
税込 756円

林輝太郎相場選集9 相場師スクーリング
税込 3024円

会社四季報プロ500 2018年新春号
税込 1099円


inserted by FC2 system