Volatility Channel
Volatility ChannelはLarry Williamsが開発したテクニカル指標です。
2本の線で構成される指標で、HLBandに似た指標です。

計算式
TP = Typical Price
HH = TP × 2 - 高値
LL = TP × 2 - 安値
Upper = HHのN日最高値
Lower = LLのN日最安値

Nは任意 
日経平均終値とVolatility Channelの図




ExcelでVolatility Channelを計算する
Excelを使ってVolatility Channelを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
Volatility Channelの計算は難しくありません。
任意の日数のVolatility Channelが計算できるようOFFSET関数を使います。

J4セルはVolatility Channelの計算日数を指定するセルとします。

G列でTypicalPriceを計算します。計算式の説明はTypical Priceを参照して下さい。

H列,I列でHH,LLをそれぞれ計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

J列でUpperを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
MAX(OFFSET(H5,0,0,-$J$4,1))
です。

K列でLowerを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
MIN(OFFSET(I5,0,0,-$J$4,1))
です。

G5〜K5セルをコピーしG6以下のセルにペーストすればVolatility Channelが計算できます。


Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


世界No.1投資家バフェットの謎 何がその成功をもたらしたのか?
税込 1706円

プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書
税込 1728円

よくわかるFX超入門
税込 1490円

決算書スーパー分析 <改訂版>
税込 3348円

ストックマーケットテクニック 基礎編
税込 4104円

投資知識ゼロでもよくわかる かんたんFX入門
税込 1404円

実務家のためのオプション取引入門 基本理論と戦略
税込 5184円

百人百色の投資法 Vol.3 投資家100人が教えてくれたトレードアイデア集
税込 1296円


inserted by FC2 system