Volatility Channel
Volatility ChannelはLarry Williamsが開発したテクニカル指標です。
2本の線で構成される指標で、HLBandに似た指標です。

計算式
TP = Typical Price
HH = TP × 2 - 高値
LL = TP × 2 - 安値
Upper = HHのN日最高値
Lower = LLのN日最安値

Nは任意 
日経平均終値とVolatility Channelの図




ExcelでVolatility Channelを計算する
Excelを使ってVolatility Channelを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
Volatility Channelの計算は難しくありません。
任意の日数のVolatility Channelが計算できるようOFFSET関数を使います。

J4セルはVolatility Channelの計算日数を指定するセルとします。

G列でTypicalPriceを計算します。計算式の説明はTypical Priceを参照して下さい。

H列,I列でHH,LLをそれぞれ計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

J列でUpperを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
MAX(OFFSET(H5,0,0,-$J$4,1))
です。

K列でLowerを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
MIN(OFFSET(I5,0,0,-$J$4,1))
です。

G5〜K5セルをコピーしG6以下のセルにペーストすればVolatility Channelが計算できます。


Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


超・株式投資 賢者のためのオプション取引
税込 2160円

株の短期売買実践ノート
税込 1944円

バフェットからの手紙 第4版
税込 2160円

ビデオ 第4巻(1)林康史のテクニカル分析を極める短期集中講座
税込 9800円

相場で負けたときに読む本〜真理編〜
税込 1620円

勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語
税込 2376円

トレンドフォロー白書 分散システム売買の中身
税込 6264円

図解 国際商品市場がわかる本
税込 1944円


inserted by FC2 system