tman Volatility Indicator
変動率指標の一種です。高値÷安値の標準偏差と、当日終値÷前日終値の標準偏差の比を計算することで、
相場の変動率を可視化します。日中値幅が大きくなると数値が上昇します。

計算式
tman Volatility Indicator = {(高値 ÷ 安値)のN日標準偏差} ÷ {(当日終値÷前日終値)のN日標準偏差}
Nは任意、通常は20を使う
日経平均終値とtman Volatility Indicatorの図




Excelでtman Volatility Indicatorを計算する
Excelを使ってtman Volatility Indicatorを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
STDEV(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の標準偏差を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のtman Volatility Indicatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルはtman Volatility Indicatorの計算日数を指定するセルとします。

G列で高値÷安値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で前日比を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

I列でtman Volatility Indicatorを計算します。
計算部分は赤枠内の赤字部分
STDEV(OFFSET(G6,0,0,-$I$4,1))/STDEV(OFFSET(H6,0,0,-$I$4,1))
になります。

G6〜I6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればtman Volatility Indicatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


杉村富生の2010-2012 3年相場を読む!
税込 1620円

株式投資で普通でない利益を得る
税込 2160円

海外ETF投資入門 ヘッジファンドを自分でつくる
税込 1944円

シリコンバレー・ヘッジファンド運用記
税込 1944円

儲かる!相場の教科書 移動平均線 究極の読み方・使い方
税込 1620円

ファイナンスへの数学(第2版)―金融デリバティブの基礎
税込 8424円

超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!
税込 1620円

金本位制復活! アメリカ復活のスーパーシナリオ
税込 1728円


inserted by FC2 system