Trading the Trend I
Trading the Trend IはAndrew Abrahamが開発した指標です。ボラティリティシステムGann HiLo Activatorを混ぜたような指標で、
ボラティリティシステムは計算にATRを用いますが、Trading the Trend IはTrueRangeの線形加重移動平均を用います。
高値、安値、TrueRangeの線形加重移動平均から計算したそれぞれの値をGann HiLo Activatorと同じように終値と比較して、
高い場合とそれ以外の場合で数値を使い分けます。

計算式
TruRan = TrueRangeのN日線形加重移動平均
HiLimit = 高値のN日最高値 - TruRan × W
LoLimit = 安値のN日最安値 + TruRan × W
Trading the Trend I = 終値がHiLimitよりも高い場合 HiLimit、それ以外はLoLimit
N,Wは任意、図はN=21,W=3で計算したもの
日経平均終値とTrading the Trend Iの図




ExcelでTrading the Trend Iを計算する
Excelを使ってTrading the Trend Iを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
任意の日数のTrading the Trend Iが計算できるようOFFSET関数を使います。

I4セル,J4セルはTrading the Trend Iのパラメータを指定するセルとします。

G列でTrueRangeを計算します。計算式に説明はTrueRangeを参照して下さい。

H列で線形加重移動平均の係数を計算します。G6セルに1を入力し、G7セルに=G6+1と入力します。

I列でG列の線形加重移動平均を計算します。計算式の説明は線形加重移動平均を参照して下さい。

J列でHiLimitを計算します。
計算部分は
MAX(OFFSET(C6,0,0,-$I$4,1))-I6*$J$4
となります。

K列でLoLimitを計算します。
計算部分は
MIN(OFFSET(D6,0,0,-$J$4,1))+I6*$J$4
となります。

L列でTrading the Trend Iを計算します。Trading the Trend Iは終値がHiLimitよりも高い場合 HiLimit、それ以外はLoLimitとなっているので、
式は赤枠内赤字部分
IF(E6>J6,J6,K6)
となります。


G6〜L6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればTrading the Trend Iが計算できます。


Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


1ドル70円時代を勝ち抜くFX投資術
税込 1620円

為替取引 7日間速攻ゼミ 誰にでもできる身近な資産運用
税込 1728円

賢明なる投資家
税込 4104円

ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5
税込 1944円

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 トレンドライン編
税込 1728円

「会社四季報」・「日経新聞」・「ネットチャート」があれば! 失敗しない株の銘柄選び
税込 1512円

普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる!
税込 1512円

東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法
税込 1728円


inserted by FC2 system