Trend Trigger Factor
M.H. Peeによって開発されたテクニカル指標です。
2つの等しい期間の最高値、最安値の差を買い圧力、売り圧力とみなして、それらの差の割合からトレンドの方向を判断します。

計算式
buyP = 高値のN日最高値 - N日前の安値のN日最安値
sellP = N日前の高値のN日最高値 - 安値のN日最安値
TTF = (buyP - sellP) ÷ (0.5 × (buyP + sellP)) × 100
日経平均終値とTrend Trigger Factorの図




ExcelでTrend Trigger Factorを計算する
Excelを使ってTrend Trigger Factorを計算する手順を説明します。

使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
Trend Trigger Factorの計算式は少々複雑なので各パートをそれぞれ計算して最後にTrend Trigger Factorを計算します。
ここでは任意の日数のTrend Trigger Factorを計算するためにOFFSET関数を使っています。

G4セルは最高値、最安値の計算期間を指定するセルとします。

G列で高値のN日最高値を計算します。簡単な計算式なので、式の説明は省略します。

H列で安値のN日最安値を計算します。簡単な計算式なので、式の説明は省略します。。

I列でbuyPを計算します。buyPは高値のN日最高値-N日前の安値のN日最安値で計算されるので
計算式は
G5-OFFSET(H5,-$G$4,0,1,1)
となります。

J列でsellPを計算します。sellPはN日前の高値のN日最高値-安値のN日最安値で計算されるので
計算式は
OFFSET(G5,-$G$4,0,1,1)-H5
となります。

K列でTrend Trigger Factorを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
(I5-J5)/(0.5*(I5+J5))*100
になります。 G5〜K5セルをコピーしG6以下のセルにペーストすればTrend Trigger Factorを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


真鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし
税込 1029円

損切りしない!テクニカル分析を使わない!オキテ破りのFX投資で月50万稼ぐ!
税込 1620円

ど素人がはじめる資産運用の本
税込 1490円

山根亜希子のFX連勝投資術
税込 1338円

コレだけ読んで、ササッと始める。しっかりもうけるFX (外国為替証拠金取引)
税込 842円

岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則
税込 1620円

これから始める株デイトレード 改訂新版
税込 1512円

金融工学入門
税込 2808円


inserted by FC2 system