Time Series Forecast
Time Series Forecastとは線形回帰直線による株価予測のことです。
前日までのN日間の株価から線形回帰直線を計算し、当日に延長した値を時系列にプロットしたものです。
この値と当日終値との差を%表示したものがForecast Oscillatorです。

計算式
TSF = 前日のN日エンドポイント移動平均 + 前日のN日線形回帰直線の傾き
Nは任意
日経平均終値とTime Series Forecastの図




Excelを使ってTime Series Forecastを計算する
Excelを使ってTime Series Forecastを計算する手順を説明します。

使用する関数
INTERCEPT(Y座標の配列,X座標の配列)
与えられた配列から回帰直線のY切片の値を計算して返します。


OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Time Series Forecastはエンドポイント移動平均の後のほうで説明したINTERCEPT関数を使うと簡単に計算できます。
考え方はエンドポイント移動平均をINTERCEPT関数で計算したときと同じで、X座標をずらします。
エンドポイント移動平均のときは直近の終値のX座標が0になるようにX座標数列をずらしましたが、
Time Series Forecastでは前日の終値のX座標が-1になるようにX座標数列を調整します。
(Time Series Forecastは当日のデータを使わないことに注意してください。当日のデータを使うと翌日のTSFを計算していることになります。)
エンドポイント移動平均は当日を含む直近N日で計算したのに対し、Time Series Forecastは前日までの直近N日で計算するので、
エンドポイント移動平均のX座標数列とTime Series ForecastのX座標数列は1ずれることになります。
前日のX座標を-1にすれば、計算日のX座標は0になり Time Series Forecast=Y切片となります。

計算式の説明に入ります。

G4セルはTime Series Forecastの計算日数を指定するセルとします。

F列でX座標の数列を作ります。座標の数列は前日が-1,前々日が-2となるような数列なので、
F5セルに
=-G4
と入力し、F6セルに
=F5+1
と入力します。あとはF6セルをコピーし、F7以下のセルにペーストすればX座標の数列を作ることができます。

G列でTime Series Forecastの計算をします。
Time Series Forecastを計算している部分は赤枠内赤字部分
INTERCEPT(OFFSET(E5,0,0,-$G$4,1),OFFSET($F$5,0,0,$G$4,1))
です。OFFSET関数を使って、Y座標の配列(終値の配列)、X座標の配列を指定しています。

G5セルをG6以下のセルにコピー&ペーストすればTime Series Forecastが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。



「7つの習慣」実践ストーリー3
税込 1296円

図解 「新興国ファンド」で安心大儲け!
税込 1337円

子育てママでもガンガン稼げる FXで月100万円稼ぐ私の方法
税込 1404円

会社設立&海外口座でハイレバFXトレード
税込 1728円

失敗続きの私が株で生活できるまで
税込 1620円

浜島昭平の株「短期トレード」テクニック
税込 1728円

<文庫>修羅場のマネー哲学-1億5000万円の借金を9年間で完済した男
税込 576円

山本有花の日本一わかりやすいFXの授業
税込 1404円


inserted by FC2 system