TEMA
TEMAはDEMAと同様に1994年にPatrick Mulloyによって考案された移動平均です。
DEMA指数移動平均と2重指数移動平均の2種類の移動平均を使って計算したのに対し、
TEMAは指数移動平均と2重指数移動平均、3重指数移動平均の3種類の移動平均を使って計算します。
応答速度が早いことが特徴です。

計算式
TEMA(N) = {EMA(N) × 3} - {EMA2(N) × 3} + EMA3(N)
EMA(N)はN日指数移動平均
EMA2(N)はN日指数移動平均のN日指数移動平均
EMA3(N)はN日指数移動平均のN日指数移動平均のN日指数移動平均
日経平均終値とTEMAの図




Excelを使ってTEMAを計算する
Excelを使ってTEMAを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

任意の日数のTEMAが計算できるようにOFFSET関数を使います。
TEMAはEMA(指数移動平均)、EMA2(2重指数移動平均)、EMA3(3重指数移動平均)を使って計算するので、
先にこれらを計算してからTEMAを計算します。

J4セルはTEMAの日数を決めるセルとします。

G列でE列のEMA(指数移動平均)を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

H列でG列のEMA(E列のEMA2(2重指数移動平均))を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

I列でH列のEMA(E列のEMA3(3重指数移動平均))を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

J列はTEMAを計算しています。
計算部分は図の赤枠内赤字部分
G5*3-H5*3+I5
です。

G5セルからJ5セルをG6以下のセルにコピー&ペーストすればTEMAが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


プライスアクションとローソク足の法則
税込 6264円

次なる経済大国 世界経済を繁栄させるのはBRICsだけではない
税込 1944円

今まで知られることのなかった“本当”のハイテク株投資
税込 3024円

図解入門 外国為替の基本とカラクリがよ〜くわかる本
税込 1620円

投資家のための米国経済 超短期予測レポート
税込 5400円

1分足のレンジで勝負! 行き過ぎを狙うFX乖離トレード
税込 2160円

MW Market Force インジケータ
税込 17000円

実録! 一攫千金のカラクリ 人は働かないでメシが食えるか?
税込 1404円


inserted by FC2 system