TDF Index(Trend Direction & Force Index)
TDF IndexはPiotr Wojdyloによって開発された指標です。
トレンドの行き過ぎをみる指標で、-1〜1の範囲を取ります。
殆どの期間は0近傍で推移しますが、1付近の値になったときは買われすぎ、-1付近の値になったときは売られすぎと判断します。

計算式
EMA1 = 終値のN日指数移動平均
EMA2 = EMA1のN日指数移動平均
DIVMA = (EMA1 - EMA2)の絶対値
AVEIPET = (EMA1 - 前日EMA1 + EMA2 - 前日EMA2) ÷ 2
pTDF = DIVMA × (AVEIPETの3乗)
TDF = pTDF ÷ {(pTDFの絶対値)の3×N日間最高値}
Nは任意
日経平均終値とTDF Indexの図
日経平均 TDF Index度数分布図(21日)
TDF Indexの度数分布についてはTDF Indexの度数分布を参照してください。




Excelを使ってTDF Indexを計算する
Excelを使ってTDF Indexを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

ABS(数値)
指定した数値の絶対値を返します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

任意の日数のTDF Indexが計算できるようにOFFSET関数を使います。

G4セルはTDF Indexの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列,H列で指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照して下さい。

I列でG列とI列の差の絶対値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

J列でG列の前日比とH列の前日比の平均値を計算します。
計算部分は
(G5-G4+H5-H4)/2
です。

K列でI列×(J列の3乗)を計算します。
計算部分は
I5*(J5^3)
です。

L列でK列の絶対値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

M列でTDF Indexを計算します。
計算部分は赤枠内赤字部分
K5/MAX(OFFSET(L5,0,0,-$G$4*3,1))
になります。

G5セル〜M5セルをコピーしG6以下のセルにペーストすればTDF Indexが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方
税込 1728円

システムトレードFX はじめの一歩
税込 1543円

相場で負けたときに読む本〜真理編〜
税込 1620円

外貨投資をやさしく教えてくれる本
税込 1512円

勝ってる人はここが違う!! FXで儲ける21の差
税込 1620円

「日経225」品薄株を買え!―ヘッジファンドの新投資技術を初公開 改訂版
税込 1258円

5段階で評価するテクニカル指標の成績表 相場の勝ち負けはチャート分析選びで決まる
税込 1944円

ど素人サラリーマンでも株でしっかり月20万円攻略法
税込 1620円


inserted by FC2 system