強弱レシオ(篠原レシオ)
オシレーター系のテクニカル指標。相場の持つエネルギーを示すAレシオ、人気を示すBレシオを使って銘柄の過熱を判断する。

計算式
Aレシオ = (高値 - 始値)の直近N日間合計 ÷ (始値- 安値)の直近N日間合計 × 100
Bレシオ = (高値 - 前日終値)の直近N日間合計 ÷ (前日終値 - 安値)の直近N日間合計 × 100
Nは26を使うのが一般的。
Aレシオはエネルギーが拮抗している状態だと100付近に収斂する性質を持つ。
Aレシオが50〜60の水準になったときは買いサインと判断する。
Bレシオは大きく変化するのが特徴で、数百%になったら過熱と判断する。
日経平均終値と強弱レシオA,Bの図




Excelで強弱レシオを計算する

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の合計を計算する。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した 高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
強弱レシオは式が複雑なのでExcelで計算しやすように変形し、いくつかのパートに分けて計算します。
Aレシオは(高値 - 始値)の直近N日間合計 ÷ (始値- 安値)の直近N日間合計 × 100ですが
(高値 - 始値)の直近N日間合計直近N日間高値合計-直近N日間始値合計と変形します。
同様に(始値- 安値)の直近N日間合計直近N日間始値合計-直近N日間安値合計と変形します。
Aレシオは
(直近N日間高値合計-直近N日間始値合計) ÷ (直近N日間始値合計-直近N日間安値合計)× 100
と変形できます。
Aレシオと同じようにBレシオを変形すると
(直近N日高値の合計 - 直近N日前日終値の合計) ÷ (直近N日前日終値の合計 - 直近N日安値の合計) × 100
となります。

I〜L列はそれぞれ始値、高値、安値、終値の合計を計算しています。
式を見ると分かりますが、
I列の計算している部分
SUM(OFFSET(B4,0,0,-$M$3,1))
と、J,K,L列の計算している部分は、OFFSETの基準セルが違うだけの同じ形の式になっています。
M列ではAレシオを計算しています。
計算部分は
(J4-I4)/(I4-K4)*100
です。
N列ではBレシオを計算しています。
計算部分は
(J4-L3)/(L3-K4)*100
です。
I4〜N4セルをコピーしてI5〜N5以下のセルにペーストすれば強弱レシオが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


バリュー株トレーディング――レンジ相場で勝つ
税込 3024円

弱者一発逆転のチャンス 今こそFXをはじめよう!
税込 1512円

連結財務諸表がみるみるわかる本
税込 1728円

投資家のための米国経済 超短期予測レポート
税込 5400円

株式運用と投資戦略 株式ポートフォリオ運用の理論と実務 改訂版
税込 3672円

株の達人CDシリーズ第1巻 チャート分析と指標の使い方
税込 2160円

図解でわかるコモディティ投資のすべて
税込 3024円

目からウロコの外国為替 チャート編
税込 864円


inserted by FC2 system