STARC Bands
STARC BandsはManning Stollerによって開発された指標です。
基本となる移動平均線とそれに付随する上下2本の線で構成されます。
基本線とそれに付随する線で構成されるのはケルトナーチャネルボリンジャーバンドと似ています。
STARC Bandsはケルトナーチャネルと改良版ケルトナーチャネルを合わせて2で割ったような指標です。
基本線は単純移動平均で計算し、バンド幅はATRを使います。
バンド幅の計算に使う係数は2です。
係数にフィボナッチ数の1.618, 2.618, 4.236を使い、上下3本ずつ線を引くようにしたものをフィボナッチボリンジャーバンドと呼びます。

計算式
基本線(Center) = N日単純移動平均
バンド幅 = N日ATR
Upper = 基本線 + バンド幅 × 2
Lower = 基本線 - バンド幅 × 2
Nは任意
日経平均終値とSTARC Bandsの図

Upperを上抜けた場合、上昇トレンドが発生していると判断します。
Lowerを下抜けた場合、下落トレンドが発生していると判断します。




ExcelでSTARC Bandsを計算する
Excelを使ってSTARC Bandsを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
任意の日数のSTARC Bandsが計算できるようOFFSET関数を使います。

H4セルはATRを計算する日数を指定するセルとします。
I4セルは基本線の計算日数を指定するセルとします。
J4セルはバンド幅係数を指定するセルとします。。

G列でTrueRangeを計算します。計算式は
=MAX(C6,E5)-MIN(D6,E5)
です。

H列でバンド幅を計算します。バンド幅はN日ATRです。N日ATRはTRのN日指数移動平均になります。
計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

I列で基本線を計算します。基本線はN日単純移動平均です。計算式の説明は単純移動平均を参照してください。

J列でUpperの計算をします。Upperは基本線+バンド幅×係数で計算されるので、計算式は
I6+H6*$J$4
になります。

K列でLowerの計算をします。Lowerは基本線-バンド幅×係数で計算されるので、計算式は
I6-H6*$J$4
になります。

G6〜K6セルをコピーし、G7以下のセルにペーストすればSTARC Bandsが計算できます。


Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


ゴールド・ラッシュ しっかり儲かる金の凄さ
税込 1404円

株、FX、世界経済がマンガでわかる 新・女子高生株塾
税込 1728円

プロの銘柄選択法を盗め! 上がるバリュー株、儲かるグロース株
税込 3780円

増補決定版 ラクに! 速く! 儲かる! 株の自動売買超入門
税込 1620円

最強のファンダメンタル株式投資法
税込 1728円

おそるおそる、FXをやってみた FXで儲かった、損をした、半年間
税込 972円

2010年のアジア 次世代の成長シナリオ
税込 1728円

津島式システムトレード FXで自動的に儲かる仕組み
税込 2160円


inserted by FC2 system