ストキャスティックスRSI
Tushar S. ChandeとStanley Krollが開発したオシレーター系のテクニカル指標です。RSIに対してストキャスティックス%Kを計算したものです。
このページではストキャスティックスの対象となるRSIの計算をCulterのRSIで計算しています。

計算式
ストキャスティックスRSI = N日RSIのM日ストキャスティックス%K
N,Mは任意
日経平均終値とストキャスティックスRSIの図




ExcelでストキャスティックスRSIを計算する
Excelを使ってストキャスティックスRSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ストキャスティックスRSIはRSIを対象にしたストキャスティックスです。
ストキャスティックスRSIは計算の対象となるRSIが必要なので、まずRSIを計算してからそれに対してストキャスティックスを計算します。
ここでは任意の日数のストキャスティックスRSIを計算するためにOFFSET関数を使っています。

H4セルはRSIの計算日数を指定するセルとします。
K4セルはストキャスティックスの計算日数を指定するセルとします。

まずF列〜H列でRSIの計算を行い、次にI列〜K列でストキャスティックスRSIの計算を行います。

F列〜H列を使ってRSIを計算します。計算式の説明はRSIを参照して下さい。

I列〜K列を使ってH列のストキャスティックス%Kの計算をします。

I列でH列の区間内高値を計算します。MAX関数を使うだけの計算式なので式の説明は省略します。

J列でH列の区間内安値を計算します。MIX関数を使うだけの計算式なので式の説明は省略します。

K列でストキャスティックスRSIを計算します。
計算式そのものはストキャスティックス%Kと同じなので式は赤枠内赤字部分の
(H6-J6)/(I6-J6)*100
となります。
F6〜K6セルをコピーしF7以下のセルにペーストすればストキャスティックスRSIを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。



早川圭の株「バリュー投資」常勝セオリー
税込 1728円

なんぼ儲けたいんや!? 超FX術
税込 1404円

マンガ パチンコトレーダー 6
税込 1728円

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術
税込 2160円

「7つの習慣」実践ストーリー4
税込 1296円

FXよりスゴい! 個人投資の最終兵器 CFDバイブル
税込 1080円

恐慌前夜 アメリカと心中する日本経済
税込 1728円

現代ファイナンス分析 資産価格理論
税込 4968円


inserted by FC2 system