Stochastic CG Oscillator
Stochastic CG OscillatorはJohn F. Ehlersが開発したオシレーターです。
具体的にはCenter of Gravityストキャスティックス%Kの4日線形加重移動平均です。
-1〜1の範囲で推移し、Center of Gravityよりもトレンドの転換点が分かりやすいことが特徴です。
-1付近から上昇に転じたら陽転、1付近から下落に転じたら陰転と判断します。

計算式
P = (高値 + 安値) ÷ 2
StohcaCG = {(PのN日Center of Gravity)のM日ストキャスティックス%K}の4日線形加重移動平均
N,Mは任意
日経平均終値とStochastic CG Oscillatorの図




ExcelでStochastic CG Oscillatorを計算する
Excelで使用する関数
SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のStochastic CG Oscillatorを計算できるようにOFFSET関数を使います。
H4セル、I4セルははStochastic CG Oscillatorの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

F列〜H列でCenter of Gravityを計算します。各列の計算式はCenter of Gravityと同じなので、式の説明はCenter of Gravityを参照して下さい。

I列でH列のストキャスティックス%Kを計算します。計算式の説明はストキャスティックスを参照して下さい。

J列でStochastic CG Oscillatorを計算します。
計算式は赤枠内の赤字部分
2*((4*I8+3*I7+2*I6+I5)/10-0.5)
です。

F5セルをF6セルにペースト、F6〜I6セルをコピーし、F7〜I8セルにペースト、 F8〜J9セルをコピーし、F9以下のセルにペーストすればStochastic CG Oscillatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


FXの勝ち方たったこれだけ
税込 1213円

株の実践 資金1,000万円を超えたら
税込 1944円

月刊トレチャ PDF版
税込 5000円

サラリーマンがゼロから純資産5億円を築いた私の投資法
税込 1620円

ファイナンスへの数学(第2版)―金融デリバティブの基礎
税込 8424円

マンガFX入門
税込 1404円

ストック・オプション 公正価値測定の実務
税込 8640円

会社四季報 2017年3集 夏号
税込 2059円


inserted by FC2 system