Stochastic CG Oscillator
Stochastic CG OscillatorはJohn F. Ehlersが開発したオシレーターです。
具体的にはCenter of Gravityストキャスティックス%Kの4日線形加重移動平均です。
-1〜1の範囲で推移し、Center of Gravityよりもトレンドの転換点が分かりやすいことが特徴です。
-1付近から上昇に転じたら陽転、1付近から下落に転じたら陰転と判断します。

計算式
P = (高値 + 安値) ÷ 2
StohcaCG = {(PのN日Center of Gravity)のM日ストキャスティックス%K}の4日線形加重移動平均
N,Mは任意
日経平均終値とStochastic CG Oscillatorの図




ExcelでStochastic CG Oscillatorを計算する
Excelで使用する関数
SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。

MAX(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最大値を返します。

MIN(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値から最小値を返します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のStochastic CG Oscillatorを計算できるようにOFFSET関数を使います。
H4セル、I4セルははStochastic CG Oscillatorの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

F列〜H列でCenter of Gravityを計算します。各列の計算式はCenter of Gravityと同じなので、式の説明はCenter of Gravityを参照して下さい。

I列でH列のストキャスティックス%Kを計算します。計算式の説明はストキャスティックスを参照して下さい。

J列でStochastic CG Oscillatorを計算します。
計算式は赤枠内の赤字部分
2*((4*I8+3*I7+2*I6+I5)/10-0.5)
です。

F5セルをF6セルにペースト、F6〜I6セルをコピーし、F7〜I8セルにペースト、 F8〜J9セルをコピーし、F9以下のセルにペーストすればStochastic CG Oscillatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


億を稼ぐトレーダーたち
税込 3024円

賢者のFX自動売買資産倍増術 ZuluTrade入門
税込 1620円

杉村富生の2010-2012 3年相場を読む!
税込 1620円

入門先物・オプション 市場の仕組みと取引の実際
税込 2592円

FXで月100万円儲ける私の方法
税込 1543円

マネーロンダリング
税込 781円

【詳説】うねり取り実践 株式売買記録と解説
税込 8640円

普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる!
税込 1512円


inserted by FC2 system