STIX
STIXは騰落銘柄数を使って計算される騰落指標です。
相場の売られすぎ、買われ過ぎを判断するのに使われます。
Breadth Thrustと似たような計算式で、Breadth Thrustの単純移動平均で計算する部分を指数移動平均で計算するとSTIXになります。

計算式
STIX = {値上がり ÷ (値上がり + 値下がり) × 100} の指数移動平均
指数移動平均の平滑化定数は直接指定する。一般的には0.09を使う
日経平均終値とSTIXの図




ExcelでSTIXを計算する
Excelを使ってSTIXを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
STIXは騰落レシオMcClellan Oscillatorと同様、市場の過熱感を指数化したものなので、
個別銘柄には適用できないことに注意してください。


I列で、値上がり÷(値上がり+値下がり)×100を計算してからこれを使ってSTIXを計算します。

J4セルはSTIXの計算で使う指数移動平均の平滑化定数を指定するセルとします。

I列は値上がり÷(値上がり+値下がり)×100を計算するので計算式は
=G5/(G5+H5)*100
となります。

J列でSTIXを計算しています。
初日はI5セルの値をSTIXとし、2日目以降をI列の指数移動平均で計算します。
2日目以降の計算式は
=J5+(I6-J5)*$J$4
になります。

I5セルをI6セルにコピーし、I6,J6セルをコピーしてI7以下のセルにペーストすればSTIXが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


株とは何か 市場・投資・企業を読み解く
税込 1728円

FX版 ローソク足の統計分析データブック
税込 7200円

バフェットの投資原則
税込 1620円

お金持ちになる技術
税込 772円

ビデオ 外国為替取引マニュアル 第2巻 外国為替の相場予測
税込 12500円

格言で学ぶ相場の哲学
税込 1296円

金融リスクの計量分析
税込 3888円

カンタンFXでプチ富豪
税込 1296円


inserted by FC2 system