RMTA(Recursive Moving Trend Average)
RMTAはDennis Meyersが開発した指標です。正確には移動平均ではなく、Recursive Moving Polynomial Fit
というもので価格を予測するもので、価格予測という観点から見ればTime Series Forecastと似ています。
上記の方法を用いて過去のデータから翌日の価格を予想したものを時系列に沿ってプロットしたものがRMTAです。
Time Series Forecastよりも少ないデータ量で予測が可能ですが、
収束するまでに時間がかかるので(計算開始日から60日ほど必要)計算する場合は注意が必要です。

計算式
α = 2 ÷ (N + 1)
pre = (1 - α) × 前日pre + 終値
RMTA = (1 - α) × 前日RMTA + α × (前日終値 + 前日pre - 2日前pre)
Nは任意
1日目のpreはpre = (1 - α) × 終値 + 終値で計算する
1日目と2日目のRMTAは終値とする
日経平均終値とRecursive Moving Trend Averageの図




Excelを使ってRecursive Moving Trend Averageを計算する
Excelを使ってRMTAを計算する手順を説明します。

使用する関数
IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Recursive Moving Trend Averageは過去のデータを使って翌日の価格を予測するものです。
計算初期の処理が少々面倒です。

H4セルはRMTAの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列でpreを計算します。
preは1日目を(1 - α)×終値+終値で計算し、2日目以降は(1 - α)×前日pre+終値で計算するので、
計算式は
=IF(ROW()-ROW($G$4)<2,(1-2/($H$4+1))*E5+E5,(1-2/($H$4+1))*G4+E5)
となります。

H列でRMTAを計算します。
RMTAは1,2日目を終値、3日目以降を (1 - α)×前日RMTA+α×(前日終値+前日pre-2日前pre)で計算するので
計算式は赤枠部分の
=IF(ROW()-ROW($H$4)<3,E5,(1-2/($H$4+1))*H4+2/($H$4+1)*(E4+G4-G3))
となります。

G5,H5セルをコピーしG6以下のセルペーストすればRecursive Moving Trend Averageが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


これから始める株デイトレード 改訂新版
税込 1512円

プロのファンドマネジャーが伝授する ベトナム株 驚異の資産運用法
税込 1944円

マンガ ウォーレン・バフェット
税込 1728円

アーニングアカデミー プレセミナー 6月11日(日)10:00-12:00
税込 2000円

プロの銘柄選択法を盗め! 上がるバリュー株、儲かるグロース株
税込 3780円

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
税込 906円

株のデイトレ・スイングトレード通信スクール 【プレセミナー】 12月4日(日)in 大阪
税込 10800円

FX常勝の平均足ブレイクトレード
税込 1620円


inserted by FC2 system