Reverse Engineering RSI
Reverse Engineering RSIはGiorgos Siligardosが開発したテクニカル指標です。
この指標は前日までの価格を使って当日のWilderRSIがX以上、またはX以下になるには当日の終値がいくら以上、もしくはいくら以下になれば良いのかを逆算し、それをプロットしたものです。

計算式
UP = 前日の値上り幅のN日修正移動平均
DP = 前日の値下がり幅のN日修正移動平均
Upper = (N - 1) × {(A - 100) × UP + A × DP} ÷ (100 - A) + 前日終値
Lower = 前日終値 - (N - 1) × {(100 - B) × UP - B × DP} ÷ B

N,A,Bは任意、N=14,A=70,B=30が一般的
日経平均終値とReverse Engineering RSIの図




ExcelでReverse Engineering RSIを計算する
Excelを使ってReverse Engineering RSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算します。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意の日数ののReverse Engineering RSIを計算するためにOFFSET関数を使っています。

I4セル,K4セル、L4セルははReverse Engineering RSIの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列〜J列で前日比プラス、前日比マイナスの修正移動平均をそれぞれ計算します。計算式はWilderのRSIの該当部分と同じなので、
式の説明はWilderのRSIを参照して下さい。

K列でReverse Engineering RSIのUpperバンドを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
($I$4-1)*(($K$4-100)*I5+$K$4*J5)/(100-$K$4)+E5
です。

L列でReverse Engineering RSIのLowerバンドを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
E5-(($I$4-1)*((100-$L$4)*I5-$L$4*J5))/$L$4
です。

G6〜L6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればReverse Engineering RSIを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


株の達人(3ヶ月ご利用料と売買テクニックの動画CD)
税込 46440円

株価予報 2008年第3集 夏季号
税込 1337円

達人が教える株の自動売買
税込 1026円

株とは何か 市場・投資・企業を読み解く
税込 1728円

めちゃくちゃ売れてるマネー誌 ザイが作った 戦略的マンション購入マニュアル
税込 1728円

慶応大学投資クラブ「SPEC」が贈るぼくらの株式投資奮闘日記
税込 1620円

会社四季報CD-ROM 2017年4集 秋号
税込 7179円

Mathematicaによる金融工学
税込 2592円


inserted by FC2 system