Reverse Engineering RSI
Reverse Engineering RSIはGiorgos Siligardosが開発したテクニカル指標です。
この指標は前日までの価格を使って当日のWilderRSIがX以上、またはX以下になるには当日の終値がいくら以上、もしくはいくら以下になれば良いのかを逆算し、それをプロットしたものです。

計算式
UP = 前日の値上り幅のN日修正移動平均
DP = 前日の値下がり幅のN日修正移動平均
Upper = (N - 1) × {(A - 100) × UP + A × DP} ÷ (100 - A) + 前日終値
Lower = 前日終値 - (N - 1) × {(100 - B) × UP - B × DP} ÷ B

N,A,Bは任意、N=14,A=70,B=30が一般的
日経平均終値とReverse Engineering RSIの図




ExcelでReverse Engineering RSIを計算する
Excelを使ってReverse Engineering RSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算します。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意の日数ののReverse Engineering RSIを計算するためにOFFSET関数を使っています。

I4セル,K4セル、L4セルははReverse Engineering RSIの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

G列〜J列で前日比プラス、前日比マイナスの修正移動平均をそれぞれ計算します。計算式はWilderのRSIの該当部分と同じなので、
式の説明はWilderのRSIを参照して下さい。

K列でReverse Engineering RSIのUpperバンドを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
($I$4-1)*(($K$4-100)*I5+$K$4*J5)/(100-$K$4)+E5
です。

L列でReverse Engineering RSIのLowerバンドを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
E5-(($I$4-1)*((100-$L$4)*I5-$L$4*J5))/$L$4
です。

G6〜L6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればReverse Engineering RSIを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


トレンドフォロー白書 分散システム売買の中身
税込 6264円

トム・バッソの禅トレード イライラ知らずの売買法と投資心理学
税込 1944円

津島式システムトレード FXで自動的に儲かる仕組み
税込 2160円

はじめての人のFX入門塾
税込 1404円

通貨投資戦略 新しい資産クラスの理論と実際
税込 3240円

複雑系と相場
税込 4536円

ニンジャトレーダー入門 「世界戦」で勝つためのシステムトレード養成ソフト
税込 3024円

入門ヘッジファンド やさしくわかるヘッジファンドのすべて
税込 3024円


inserted by FC2 system