Price Volume Rank
Price Volume RankはAnthony J. Macekが開発したテクニカル指標です。
終値の前日比と出来高の前日比の符号の組み合わせに1〜4の数字を割り振り、それの移動平均を見るという簡単な指標です。
終値の前日比:出来高の前日比 → 割り振る数字
+:+ → 1
+:- → 2
-:+ → 3
-:- → 4
と数字を割り振ります。
前日比が0の場合はマイナスとみなします。
上昇相場では数値が低下し、下落相場で数値が上昇します。

計算式
PVR = 終値の前日比と出来高の前日比の組み合わせで上記のように数値を割り振る
avePVR = PVRのN日単純移動平均
Nは任意、N=5,10が一般的
日経平均終値とPrice Volume Rankの図




ExcelでPrice Volume Rankを計算する
Excelを使ってPrice Volume Rankを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。
または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ここでは任意の日数のPrice Volume Rankの移動平均が計算できるようにOFFSET関数を使います。

H4セル,I4セルは単純移動平均の計算日数を指定するセルとします。

G列でPrice Volume Rankを計算します。
計算式は赤枠内の赤字部分
=IF(E6>E5,1,3)+IF(F6>F5,0,1)
となります。
式がちょっと特殊なので解説します。左のIF文は前日比について評価しています。前日比プラスであれば1、そうでない場合は3が返されます。
同様に右のIF文は出来高の前日比について評価しており、前日比プラスなら0、そうでない場合は1が返されます。
前日比と出来高の前日比がともにプラスなら1+0=1となります。双方マイナスなら3+1=4となります。
+:-の場合は1+1=2で-:+の場合は3+0=3となり、それぞれの組み合わせに1〜4の数字が割り振られることになります。

H列、I列はそれぞれG列の単純移動平均を計算します。計算式の説明は単純移動平均を参照して下さい。

G6〜I6セルコピーしG7以下のセルにペーストすればPrice Volume Rankが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


金融資産を守る エコノミスト増刊 2011年 3/21号
税込 1028円

相場師スクーリング
税込 2097円

目からウロコの外国為替 チャート編
税込 864円

底型・天井型111例
税込 25920円

着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実
税込 1944円

基礎から学ぶ外国為替相場 FXマーケットの仕組みと取引の実際
税込 1944円

EVトレーダー 「安さ」のタイミングを計ってトリガーを引け
税込 6264円

最新 株・証券用語がよ〜くわかる本 ポケット図解 第3版
税込 1512円


inserted by FC2 system