TDF Indexの度数分布(日経平均)
TDF Indexの度数分布図を調べました。

日経平均についてTDF Indexの度数分布図を作りました。
用意したデータは1999/1/4〜2010/12/30の4本値です。
データ区間は2000/1/4〜2009/12/30の10年間を使います。
計算区間は2000/1/4よりもちょっと前から計算することになります。
度数分布はTDF Indexの計算結果をROUND関数で四捨五入し、0.01刻みで-1〜1までの201区間に振り分けます。
例えば、度数0.50の区間の範囲は0.495以上0.505未満というようになります。
だから、-1の区間の範囲は、-1.005以上-0.995未満、1の区間は0.995以上1.005未満ということになります。
TDF Indexの計算結果は必ず-1以上1以下になるので、-1と1の区間だけ他の区間とは幅が狭くなるのですが、
切り上げ、切り捨てでは-1か1のどちらかが極端に狭い範囲になるので、今回はこのようにして集計しています。

日経平均 TDF Index度数分布図(21日)
緑が度数を示し、ピンクの線はデータ区間から標準偏差を計算し、その数値から正規分布を計算したものです。
度数は0に集中し、0近傍にそれなりに度数があり、あと-1,1に目立つくらい度数があります。


計算日数を変えてみます。
計算日数を長くした場合(50日)
日経平均 TDF Index度数分布図(50日)

計算日数を短くした場合(4日)
日経平均 TDF Index度数分布図(4日)
計算期間を変化させると、-1,1の度数の強度が変化しますが分布の形に変化はありませんでした。


次に、期間内での数値に偏りがあるかどうか調べるために、データ区間を2年ごとに区切り、
重ねて表示してみます。
日経平均 TDF Index度数分布図(21日) 2年区切り
区間別での分布の形に大きな差異は見られないようです。


50日の場合。
日経平均 TDF Index度数分布図(50日) 2年区切り
4日の場合。
日経平均 TDF Index度数分布図(4日) 2年区切り
計算期間での変化は無いようです。



まとめ
TDF Indexの度数分布は0に度数が集中し、それ以外では-1,1の度数が目立つ。
計算期間で分布に変化は見られなかった。
相場状況による左右のシフトは見られなかった。



Excel対応 90分でわかる! 日本で一番やさしい「データ分析」超入門
新品価格¥1,296から

(無料電話サポート付)できるポケット Excel ピボットテーブル 基本マスターブック 2016/2013/2010対応
新品価格¥950から

今すぐ使えるかんたん文庫 Excel ビジネス定型書類 作成術
新品価格¥853から

これ一冊で完璧!Excelでデータ分析即戦力講座
新品価格¥1,944から

決算書から読み解くビジネスモデル分析術 Excelによる財務データ分析と事業戦略への活用手法
新品価格¥2,160から

Excelによるアンケート調査の第一歩
新品価格¥2,160から

現場で役立つExcel & Accessデータ連携・活用ガイド 2013/2010/2007対応 (Small Business Support)
新品価格¥2,894から

Excelで学ぶ熱力学と統計力学
新品価格¥2,916から


inserted by FC2 system