OWMA(Optimized Weighted Moving Average)
Optimized Weighted Moving Averageは加重移動平均の一種です。
線形加重移動平均は1,2,3…と直近に近くなるほど重い加重をかけますが
その加重を1のk乗,2のk乗,3のk乗…と累乗にしたものがOptimized Weighted Moving Averageです。
k=1とすれば線形加重移動平均になり、k=0とすれば単純移動平均になります。
kを1より大きくすれば直近の値の加重がより大きくなり、
kをマイナスにすると直近の加重が小さくなるように設定できます。
計算式
OWMA = (1のk乗 × C1 +2のk乗 × C2 + … + Nのk乗× CN) ÷ (1のk乗+ 2のk乗+ … + Nのk乗)
C1〜CNは各終値でCNが直近終値
N,kは任意
日経平均終値とOptimized Weighted Moving Averageの図




Excelを使ってOptimized Weighted Moving Averageを計算する
Excelを使ってOWMAを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUMPRODUCT(配列 1,配列 2,配列 3,…)
引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。
引数となる配列は行数と列数が等しい配列である必要があります。行数と列数が等しくない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

OWMAはSUMPRODUCT関数を使うと簡単に計算できます。
ここでは任意の日数のOWMAが計算できるようにOFFSET関数を使います。

G列は係数を累乗する値を指定するセルとします。
H4セルはOWMAの計算日数を指定するセルとします。

G列で加重平均の荷重係数を計算します。
計算式は
=(ROW()-ROW($A$4))^$G$4
です。ROW()-ROW($A$4)の部分は行番号の差を利用して1〜Nの数列を作る部分です。
これをG4セルの値で累乗すれば係数の数列を作ることができます。

H列でOWMAを計算します。計算式の構造は加重移動平均と同じです。
計算式は赤枠内赤字部分
SUMPRODUCT(OFFSET($G$5,0,0,$H$4,1),OFFSET(E5,0,0,-$H$4,1))/SUM(OFFSET($G$5,0,0,$H$4,1))
となります。

G5,H5セルをコピーしG6以下のセルにペーストすればOptimized Weighted Moving Averageが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


高金利通貨 グローバル投資家のためのカレンシー入門
税込 2592円

相場技法抜粋
税込 1080円

FXトレードレッスン
税込 1620円

ストックマーケットテクニック 基礎編
税込 4104円

コモディティデリバティブ入門
税込 3780円

長期10倍銘柄の見つけ方 2014年版
税込 1080円

FXトレンド・データ分析ツール2009
税込 39909円

カプランのオプション売買戦略
税込 8424円


inserted by FC2 system