McSI(McClellan Summation Index)
McSI(McClellan Summation Index)とは騰落銘柄数から計算される騰落指標でMcClellan Oscillatorを積算したものです。
McClellan Oscillatorが中期的な騰落状況を示すのに対しMcSIは長期的な騰落状況を示すのが特徴です。

計算式
UPDOWN = 値上がり銘柄数 - 値下がり銘柄数
McClellan Oscillator = UPDOWNのX日指数移動平均 - UPDOWNのY日指数移動平均
McSI = McClellan Oscillatorの積算
XはYよりも小さい値を取らなければいけない。
X=19,Y=39が一般的に使われる。

日経平均終値とMcSI の図

McSIがボトムアウトしたら買い、ピークアウトしたら売りと判断する。




ExcelでMcSI(McClellan Summation Index)を計算する

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定する。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Excelを使ってMcSIの計算式の説明をします。
McSIは騰落レシオMcClellan Oscillatorと同じ騰落指標なので、個別銘柄には適用できないことに注意してください。

計算式が複雑なのでいくつかのパートに分けて計算します。

H列〜K列まではMcClellan Oscillatorと全く同じなので計算式の説明はMcClellan Oscillatorを参照してください。

L列はMcSIを計算します。
McSIはMcClellan Oscillatorを積算したものなので
計算式は赤枠内の赤字部分
SUM($K$5:K5)
となります。
H5セル〜L5セルをコピーし、H6以下のセルにペーストすれば、McSIが計算できます。



株式投資 第4版 長期投資で成功するための完全ガイド
税込 3024円

5段階で評価するテクニカル指標の成績表 相場の勝ち負けはチャート分析選びで決まる
税込 1944円

孤高の相場師リバモア流投機術
税込 1543円

ミネルヴィニの成長株投資法 高い先導株を買い、より高値で売り抜けろ
税込 3024円

マーケットの魔術師 大損失編
税込 6264円

図解 決算書が見る見るわかる
税込 1728円

株単400 「株ネット取引」最新用語辞典 2005年版
税込 702円

夜の銀座の資本論
税込 2700円


inserted by FC2 system