ラーゲルRSI(Laguerre RSI)
LaguerreRSIはJohn F. Ehlersが開発したテクニカル指標です。
ラーゲル移動平均の計算過程で計算される値を利用してRSIを計算します。
通常のRSIよりも応答速度が早いことが特徴です。

計算式
中値 = (高値 + 安値) ÷ 2
L0 = (1 - gamma) × 中値 + gamma × 前日L0
L1 = -gamma × L0 + 前日L0 + gamma × 前日L1
L2 = -gamma × L1 + 前日L1 + gamma × 前日L2
L3 = -gamma × L2 + 前日L2 + gamma × 前日L3
CU1 = L0がL1以上の場合はL0-L1、それ以外は0
CD1 = L0がL1以上の場合は0、それ以外はL1-L0
CU2 = L1がL2以上の場合はCU1+L1-L2、それ以外はCU1
CD2 = L1がL2以上の場合はCD1、それ以外はCD1+L2-L1
CU3 = L2がL3以上の場合はCU2+L2-L3、それ以外はCU2
CD3 = L2がL3以上の場合はCD2、それ以外はCD2+L3-L2
LaguerreRSI = CU3 ÷ (CU3 + CD3) × 100
但し、CU3 + CD3 = 0 の場合は LaguerreRSI = 0 とする
gammaは0〜1の間の任意の値
日経平均終値とラーゲルRSIの図
日経平均 Laguerre RSI度数分布図(0.4)
Laguerre RSIの度数分布についてはLaguerre RSIの度数分布を参照してください。




Excelを使ってラーゲルRSIを計算する
Excelを使ってラーゲルRSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ラーゲルRSIは初日から計算できるのですが、収束するまでにある程度の期間がかかります。
計算開始日から20日くらいはデータとして使えないので注意してください。

H3セルはgammaの値を保持するセルとします。
L0〜L4の初期値は0とするのでG5セル〜J5セルに0を入力しておきます。

F列で中値を計算します。計算式は中値を参照してください。

G列でL0を計算します。
計算式は
=(1-$H$3)*F6+$H$3*G5
です。

H列でL1を計算します。
計算式は
=-$H$3*G6+G5+$H$3*H5
です。

I列,J列でそれぞれL2,L3を計算しますが、計算式の形はL1とほぼ同じなので説明は省略します。

K列でCU1を計算します。計算式はL0がL1以上の場合はL0-L1、それ以外は0なのでこれをExcelの式に直すと
=IF(G6>=H6,G6-H6,0)
となります。

L列でCD1を計算します。計算式はL0がL1以上の場合は0、それ以外はL1-L0なのでこれをExcelの式に直すと
=IF(G6>=H6,0,H6-G6)
となります。

M列でCU2を計算します。計算式はL1がL2以上の場合はCU1+L1-L2、それ以外はCU1なのでこれをExcelの式に直すと
=IF(H6>=I6,K6+H6-I6,K6)
となります。

N列でCD2を計算します。計算式はL1がL2以上の場合はCD1、それ以外はCD1+L2-L1なのでこれをExcelの式に直すと
=IF(H6>=I6,L6,L6+I6-H6)
となります。

O列はCU3を計算するのですが、計算式の形はほぼM列と同じなので説明は省略します。
P列はCD3を計算するのですが、計算式の形はほぼN列と同じなので説明は省略します。

Q列でラーゲルRSIを計算します。
計算式は赤枠内
=IF(O6+P6=0,0,O6/(O6+P6)*100)
です。

F6〜Q6セルをコピーし、F7以下のセルにペーストすればラーゲルRSIが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


はじめてのタイ不動産投資
税込 1620円

株式投資の裏技〜株式投資のゆがみに注目して資産を増やす方法〜
税込 1728円

小富豪のための香港金融案内
税込 2052円

プライスアクショントレード入門 足1本ごとのテクニカル分析とチャートの読み方
税込 6264円

子育てママでもガンガン稼げる FXで月100万円稼ぐ私の方法
税込 1404円

99%の日本人は知らない!勝者1%の超富裕層に学ぶ 「海外投資」7つの方法
税込 1620円

近未来経済予測2004年後半 円高+株高そして金急騰!
税込 864円

夜の銀座の資本論
税込 2700円


inserted by FC2 system