IMI(Intraday Momentum Index)
オシレーター系のテクニカル指標。Intraday Momentum Index の略でIMIで呼ばれるのが一般的です。
Tushar S. ChandeとStanley Krollによって1994年に発表された指標です。
RSI型のテクニカル指標で、RSIが前日比を元に計算するのに対してIMIは(終値-始値)を元にして計算します。
期間中の場中の買い圧力の強さを数値化したものです。

計算式
IMI = N日間の陽線日の(終値-始値)の総和 ÷ N日間の(終値-始値)の絶対値の総和 × 100
N=14を使うのが一般的。
日経平均終値とIMIの図
日経平均 IMI度数分布図(14日)
14日の場合、70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎと判断します。
IMIの度数分布についてはIMIの度数分布を参照してください。




ExcelでIMIを計算する
Excelを使ってIMIを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

IMIの計算式は各パートに分けて計算して最後にIMIを計算します。
ここでは任意の日数のIMIを計算するためにOFFSET関数を使っています。

H4セルはIMIを計算する日数を指定するセルとします。

F列は陽線の日の終値-始値を計算します。陰線の日は0を返すようにします。
計算式の説明は簡単なので省略します。

G列は終値-始値の絶対値(値幅)を計算します。
ここではABS関数を使わない方法で計算式を作ることにします。
ABS関数を使わないわけですから陽線の場合は(終値-始値)、陰線の場合は(始値-終値)と場合分けして計算すれば良いわけです。
また、陰線か陽線かの判定はF列ですでに行っていますし、陽線の場合の値幅はF列で計算してあるのでそれを流用します。
つまり、F列が正の数字なら陽線なのでF列の数値を返し、そうでない場合は(始値-終値)を計算すれば良いということです。
これを式にすると
=IF(F5>0,F5,B5-E5)
となります。

H列でIMIを計算します。
IMIは陽線の値幅の総和/値幅の総和*100で計算されるので
計算式は赤枠内の赤字部分
SUM(OFFSET(F5,0,0,-$H$4,1))/SUM(OFFSET(G5,0,0,-$H$4,1))*100
となります。

F5〜H5の式をF6以下のセルにコピー&ペーストすればIMIを計算することができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


トレーダーズ・メソッド アドバンス
税込 15800円

生き残りのディーリング決定版
税込 3024円

FX自動売買システムトレード入門
税込 1404円

半値パズル 東京時間足インジケーター
税込 21600円

大論争!ニッポン経済再生
税込 1404円

渋沢栄一 国富論 実業と公益
税込 2700円

アンディのミリオン倶楽部 【メルマガ 掲示板 検証 動画サポート 】
税込 5400円

お金持ちになる技術
税込 772円


inserted by FC2 system