Ease of Movement
中値の1日の移動量を当日の値幅あたりの出来高で割って規格化したものです。
Ease of Movementが0近傍の場合は価格変動が重いと判断し、そうでない場合は値動きが軽いと判断します。
計算式
中値 = (高値 + 安値) ÷ 2
EOM = {(中値 - 前日中値) ÷ (出来高 ÷ (高値 - 安値))}のN日指数移動平均
N = 14が一般的
日経平均終値とEase of Movementの図
一般的にマイナスからプラスに転じたところで買建、もしくは売り手仕舞い、
プラスからマイナスに転じたところで売建もしくは買い手仕舞いと判断します。




Excelを使ってEase of Movementを計算する
Excelを使ってEase of Movementを計算する手順を説明します。

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。


OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

ここでは任意の日数のEase of Movementが計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルはEase of Movementの計算日数を指定するセルとします。

G列で中値を計算します。中値とは高値と安値の平均値です。計算式の説明は簡単なので省略します。
G5セルをG6セルにコピーしておきます。

H列で1日のEase of Movementを計算します。
計算式は(中値-前日中値)÷(出来高÷(高値-安値))なので、Excelの式は
=(G6-G5)/(F6/(C6-D6))
となります。

I列でEase of Movementを計算します。Ease of Movementは1日のEase of MovementのN日指数移動平均なので
計算式はH列の指数移動平均となります。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

G6〜I6セルをコピーしG7以下のペーストすればEase of Movementが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


第一線のエコノミストが教える 実践的 日本経済データ解読法
税込 2592円

あなたにもできるFX成功術 FX-Jinの人生大逆転
税込 1404円

株価チャートの鉄人
税込 1728円

ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド
税込 1728円

先物の世界 相場開眼
税込 1728円

デイリートレード入門 デイトレードをあきらめた人の敗者復活作戦
税込 4104円

積立投資のすべて 誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究
税込 1512円

景気予測から始める株式投資入門
税込 3564円


inserted by FC2 system