Derivative Oscillator
Derivative OscillatorはConstance Brownが開発したRSIを使って計算するオシレーター系のテクニカル指標です。
実態は{N日RSIの2重指数移動平均(M,L)}-|N日RSIの2重指数移動平均(M,L)のK日単純移動平均}です。

計算式
DO = N日RSIの2重指数移動平均(M,L) - {N日RSIの2重指数移動平均(M,L)のK日単純移動平均}
N,M,L,Kは任意
2重指数移動平均(M,L)はM日指数移動平均のL日指数移動平均という意味
日経平均終値とDerivative Oscillatorの図




Excelを使ってDerivative Oscillatorを計算する
Excelを使ってDerivative Oscillatorを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Derivative OscillatorはRSIを使って計算します。
ここでは任意のパラメータのDerivative Oscillatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルはRSIの計算日数を指定するセルとします。
J4セルはI列の指数移動平均の計算日数を指定するセルとします。
K4セルはJ列の指数移動平均の計算日数を指定するセルとします。
L4セルはDerivative Oscillatorの計算日数を指定するセルとします。

G列〜I列でRSIを計算します。ここではCutletのRSIをRSIとして使います。計算式の説明はRSIを参照してください。

J列でI列の指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

K列でJ列の指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

L列でDerivative Oscillatorを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
K6-AVERAGE(OFFSET(K6,0,0,-$L$4,1))
となります。

G6〜L6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればDerivative Oscillatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


フォーキャスト2016
税込 8100円

投機と投資
税込 1620円

ファイナンス確率過程と数値解析 第2版
税込 9180円

マンガで学ぶ投資のツボ へっぽこポコイの株修行
税込 1296円

自動売買ソフト W2C-Beverley
税込 54000円

株価予報 2008年第3集 夏季号
税込 1337円

新難儀 ニコニコ相場様
税込 2057円

山根亜希子のハイブリッドFX
税込 1728円


inserted by FC2 system