Derivative Oscillator
Derivative OscillatorはConstance Brownが開発したRSIを使って計算するオシレーター系のテクニカル指標です。
実態は{N日RSIの2重指数移動平均(M,L)}-|N日RSIの2重指数移動平均(M,L)のK日単純移動平均}です。

計算式
DO = N日RSIの2重指数移動平均(M,L) - {N日RSIの2重指数移動平均(M,L)のK日単純移動平均}
N,M,L,Kは任意
2重指数移動平均(M,L)はM日指数移動平均のL日指数移動平均という意味
日経平均終値とDerivative Oscillatorの図




Excelを使ってDerivative Oscillatorを計算する
Excelを使ってDerivative Oscillatorを計算する手順を説明します。

使用する関数
SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Derivative OscillatorはRSIを使って計算します。
ここでは任意のパラメータのDerivative Oscillatorが計算できるようにOFFSET関数を使います。

I4セルはRSIの計算日数を指定するセルとします。
J4セルはI列の指数移動平均の計算日数を指定するセルとします。
K4セルはJ列の指数移動平均の計算日数を指定するセルとします。
L4セルはDerivative Oscillatorの計算日数を指定するセルとします。

G列〜I列でRSIを計算します。ここではCutletのRSIをRSIとして使います。計算式の説明はRSIを参照してください。

J列でI列の指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

K列でJ列の指数移動平均を計算します。計算式の説明は指数移動平均を参照してください。

L列でDerivative Oscillatorを計算します。
計算式は赤枠内赤字部分
K6-AVERAGE(OFFSET(K6,0,0,-$L$4,1))
となります。

G6〜L6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればDerivative Oscillatorが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


マンガ 伝説の相場師リバモア
税込 699円

最強の投資家バフェット 日経ビジネス人文庫
税込 802円

バフェットの株主総会
税込 1944円

ロボット運用のプロが分析してわかった 最強の株式投資法
税込 1728円

FXトレンド・データ分析ツール2009
税込 39909円

Python3ではじめるシステムトレード 環境構築と売買戦略
税込 4104円

出来岡潔の投資の学校 チャートが読めれば投資が変わる
税込 3703円

マンガ 三猿金泉秘録 本間宗久にも影響を与えた相場奥義
税込 756円


inserted by FC2 system