Market Facilitation Index
Market Facilitation IndexはBill Williamsによって開発された指標です。
計算式は単純ですが、計算結果を4つの状態に区分して、それぞれ別の色でチャートを描画しそれから判断する部分が
他のテクニカル指標と違うところです。
略すとMFIとなりMoney Flow Indexと混同するので区別するためにBW MFIと略されます。

計算式
BWMFI = (高値 - 安値) ÷ 出来高
前日BWMFIと当日BWMFI、前日出来高と当日出来高を比較して以下の4つに区分し、指定された色でチャートを描画する。
BWMFI増加 出来高増加(黄緑)
BWMFI減少 出来高減少(青)
BWMFI増加 出来高減少(灰色)
BWMFI減少 出来高増加(赤)
日経平均終値とMarket Facilitation Indexの図
基本的には
黄緑:順張り
青:相場転換を示唆
灰色:判断保留
赤:判断保留
と考えるようです。




ExcelでMarket Facilitation Indexを計算する
Excelを使ってMarket Facilitation Indexを計算する手順を説明します。

Excelで使用する関数
IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

AND(論理式1,論理式2,…)
すべての論理式が真の場合真を返す。そうでない場合は偽を返します。
Market Facilitation Indexは計算は簡単だけどチャートの作り方が面倒な指標です。

G列列でBW MFIを計算します。計算式の説明は簡単なので省略します。

H列〜K列はそれぞれの状態について場合分けしています。
BWMFIと出来高それぞれを判定するのでAND関数を使います。
条件に合致すればBWMFIの値を、そうでなければ0を返すようにします。
計算式の説明はIF関数を使うだけなので省略します。

G5セルをG6せるにコピーし、G6〜K6セルをコピーしG7以下のセルにペーストすればMarket Facilitation Indexが計算できます。

今回はここからチャートの作り方を説明します。

まずチャートにしたい範囲を選択し、メニューの挿入→グラフからグラフウィザードを開きます。
グラフの種類は縦棒の積み上げ縦棒を選択します。
できたチャートは
の様になります。
終値はBWMFIよりも圧倒的に大きな値なので、見えている棒グラフは終値のものです。
この棒グラフの棒の部分をダブルクリックしてデータ系列の書式設定ウィンドウを出し、
軸をクリックしてそのなかの第2軸を選択してOKボタンを押します。
次に棒グラフを右クリックすると
のようなウィンドウがでるので、そこからグラフの種類を選択すると、グラフの種類というウィンドウが開きます。
そこからグラフの種類は折れ線、形式は最上段左端のものを選択してOKボタンを押すと
となります。
あとは縦軸と横軸の調整、それぞれの系列の色の指定をすれば冒頭に表示したようなチャートを作ることができます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


豊島逸夫が読み解く金&世界経済 日経マネー
税込 1008円

マンガ財務諸表入門 新装版
税込 524円

カラ売りの美学 堕ちる企業を見破るプロの投資術
税込 2592円

はじめての海外個人投資
税込 1080円

FXで毎日を給料日にする!
税込 810円

次なる経済大国 世界経済を繁栄させるのはBRICsだけではない
税込 1944円

投資苑2 トレーディングルームにようこそ
税込 6264円

藤田田の頭の中
税込 3024円


inserted by FC2 system