Breadth Thrust
Breadth Thrustは騰落銘柄数を使って計算される騰落指標です。
Martin Zweigによって開発されました。
相場の売られすぎ、買われ過ぎを判断するのに使われます。

計算式
BT = 値上がり ÷ (値上がり + 値下がり) × 100 のN日単純移動平均
Nは一般的に10が使われる。
日経平均終値とBreadth Thrustの図
N=10の場合、61.5以上で市場全体が買われすぎ、40以下で市場全体が売られすぎと判断する。




ExcelでBreadth Thrustを計算する

使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照する。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した 高さ、幅のセル範囲を指定する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
Excelを使ってBreadth Thrustを計算する手順を説明します。
Breadth Thrustは騰落レシオMcClellan Oscillatorと同様、市場の過熱感を指数化したものなので、
個別銘柄には適用できないことに注意してください。

ここでは任意の日数のBreadth Thrustを計算するためにOFFSET関数を使っています。

I列で、値上がり÷(値上がり+値下がり)×100を計算してからこれを使ってBreadth Thrustを計算します。

J4セルはBreadth Thrustを計算する日数を指定するセルとします。

I列は値上がり÷(値上がり+値下がり)×100を計算するので計算式は
=G5/(G5+H5)*100
となります。

J列でBreadth Thrustを計算しています。
計算している部分は
AVERAGE(OFFSET(I5,0,0,-$J$4,1))
です。

I5,J5セルをコピーしてI6以下のセルにペーストすればBreadth Thrustが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


95勝5敗 大化けする割安株で儲けるふじまる式投資法
税込 1620円

プロの銘柄選択法を盗め! 上がるバリュー株、儲かるグロース株
税込 3780円

2010年のアジア 次世代の成長シナリオ
税込 1728円

ラリー・ウィリアムズの短期売買法 【第2版】 投資で生き残るための普遍の真理
税込 8424円

FXトレーダーの大冒険 トレーディングの心理と知識と正しい行動を学ぶ
税込 4104円

ゾーン 「勝つ」相場心理学入門
税込 3024円

通貨投資戦略 新しい資産クラスの理論と実際
税込 3240円

チャートギャラリー スタンダード (Windows対応)
税込 32400円


inserted by FC2 system