ボリンジャーバンド
米国のJohn Bollingerが開発したテクニカル指標で、統計的方法を用いて相場のレンジやトレンドを判断する指標です。

統計学では+2σと−2σの範囲に株価の約96%が入るとされています。統計学的には株価はボリンジャーバンドの中で推移することが原則ですので、バンドから大きく外れた場合は、何かが起きたと判断できます。
ボリンジャーバンドは株価変動の状況を表しており、バンドが収縮しているときは株価はボックス圏、バンドが拡大しているときは、トレンドが形成されている時と判断します。

計算式
ボリンジャーバンドUPバンド = N日移動平均 + N日間の標準偏差(σ) × y
ボリンジャーバンドLOWバンド = N日移動平均 - N日間の標準偏差(σ) × y
N,yは任意、N=25,y=2が一般的
日経平均終値とボリンジャーバンドの図

一般的にボリンジャーバンドが広がっている状態でUPバンドに接近した場合は売り、LOWバンドに接近した場合は買いと判断します。
ボリンジャーバンドの幅が狭い時にUPバンドに接近してバンド幅を広げるような形になった場合は買い、
LOWバンドに接近してバンド幅を広げるような形になった場合は売りと判断します。

DVD 開発者だけが知るボリンジャーバンドの統合的なアプローチ
税込 75600円

ボリンジャーバンド入門
税込 6264円

DVD ボリンジャーバンド ルールの設定とパターン分析の勝率
税込 4104円

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った チャートで稼ぐ「株」入門―必勝セクシーボリンジャー投資のすべて
新品価格¥1,728から


Excelでボリンジャーバンドを計算する
Excelで使用する関数
AVERAGE(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の平均値を計算する。空白セルや文字列は無視して計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。

STDEV(数値1,数値2,…)
指定した数値や範囲内の数値の標準偏差を計算する。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
ボリンジャーバンドはN日間の終値のばらつき具合をUP,LOWのバンドで示したものです。
ここではOFFSET関数を使って任意の日数のボリンジャーバンドを計算できるようにします。

ボリンジャーバンドの式は標準偏差を計算する関数がExcelに用意されているのでそれほど複雑ではないのですが、
標準偏差を別に計算しておくと都合が良いので標準偏差は別に計算します。

I列は標準偏差を計算する列でI4セルの
STDEV(OFFSET(E4,0,0,-$I$3,1))
が標準偏差を計算している部分です。

ボリンジャーバンド(LOWバンド)はJ4セルの
AVERAGE(OFFSET(E4,0,0,-$I$3,1))-$J$3*I4

ボリンジャーバンド(UPバンド)はK4セルの
AVERAGE(OFFSET(E4,0,0,-$I$3,1))+$K$3*I4
でそれぞれ計算しています。

I4〜K4セルをコピーしてI5〜K5以下のセルにペーストすればボリンジャーバンドが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


10万円から始めるFX超入門
税込 1728円

ネットではじめるFX
税込 1404円

株は5銘柄で勝負せよ! 的中率大幅アップのスクリーニング成功法
税込 1728円

ひとつずつ、ひとつずつ――書くことで人は癒される
税込 1404円

マネージドフューチャーズファンド入門
税込 3780円

インド巨大市場を読みとく
税込 1836円

新版 副島隆彦の今こそ金そして銀を買う
税込 1296円

不安な時代の知的マネー運用術
税込 1944円


inserted by FC2 system