Adaptive RSI
Adaptive RSIはカウフマンが開発した指数移動平均の一種で、VIDYAVMAと同様、平滑化定数を変化させる移動平均です。
Adaptive RSIはRSIを使って平滑化定数を計算します。

計算式
ARSI = 前日ARSI + {N日RSI - 0.5}の絶対値 × 2 × (終値 - 前日ARSI)
Nは14や20が使われる
計算初日は終値を使う
日経平均終値とAdaptive RSIの図




Excelを使ってAdaptive RSIを計算する
Excelを使ってAdaptive RSIを計算する手順を説明します。

使用する関数
ABS(数値)
指定した数値の絶対値を返します。

SUM(数値1,数値2,…)
引数の合計を計算します。

OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)
基準セルから指定した行数、列数だけ移動したセルを参照します。または高さ、幅を設定して基準セルから指定した高さ、幅のセル範囲を指定します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。

Adaptive RSIは前日のAdaptive RSIの値とRSIを使って計算します。
1日目は終値を使います。
ここでは任意のパラメータのAdaptive RSIが計算できるようにOFFSET関数を使います。

Adaptive RSIの計算にはRSIの値が必要になるのでまずそれを計算してからAdaptive RSIを計算します。

I4セルはRSIの計算日数を指定するセルとします。

G列〜I列でRSIを計算します。ここではCutletのRSIをRSIとして使います。計算式の説明はRSIを参照してください。

J列でAdaptive RSIを計算します。Adaptive RSIの初日は終値、翌日からAdaptiveRSIを計算するので 計算式は
=IF(I6="",E6,J5+ABS(I6-0.5)*2*(E6-J5))
となります。

G6〜J6セルをG7以下のセルにコピー&ペーストすればAdaptive RSIが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


通貨ペア選びの○と× がっちり儲けるFX
税込 1490円

タックスヘイブン
税込 1728円

TRADING NOTE 玉帖
税込 3240円

金投資の新しい教科書
税込 1728円

はじめてのFX 1年生 儲かる仕組み損する理由がわかる本
税込 1512円

Rとトレード 確率と統計のガイドブック
税込 8424円

FXよりスゴい! 個人投資の最終兵器 CFDバイブル
税込 1080円

私はこうして投資を学んだ 改訂版
税込 1944円


inserted by FC2 system