Adaptive Price Zone
Lee Leibfarthによって開発された価格指標です。中心線と2本の線で構成されるボリンジャーバンドに似た指標で、
中心線を2重指数移動平均、バンド幅を値幅(高値-安値)の2重指数移動平均で計算したボリンジャーバンドと考えると分り易です。
単体で使うことは想定されておらず、14日で計算したADXと組み合わせ使うことが推奨されています。

計算式
平滑化定数 α = 2 ÷ (Mの平方根 + 1)
bandwidth = (高値 - 安値)の2重指数移動平均(α,α)
Center = 終値の2重指数移動平均(α,α)
upper = center + N × bandwidth
lower = center - N × bandwidth

N,Mは任意、N=1.8、M=65を推奨
2重指数移動平均の初期値は終値とする。
日経平均終値とAdaptive Price Zoneの図




ExcelでAdaptive Price Zoneを計算する
Excelで使用する関数
使用するExcel関数はありません。
Adaptive Price Zoneの式は簡単です。計算の流れを順番に説明します。

H2,L4セルはAdaptive Price Zoneの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

H4セルで平滑化定数を計算します。平滑化定数は2÷(計算日数の平方根+1)で計算するので
計算式は
=2/(H2^0.5+1)
となります。

G列で高値-安値を計算します。簡単な計算式なので計算式の説明は省略します。
G5セルをG6セルにコピーします。

H列でG列の指数移動平均を計算します。
初期値はG5セルの値を使うのでH5セルに=G5と入力します。
H6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=H5+(G6-H5)*$H$4
となります。

I列でH列の指数移動平均を計算します。
初期値はH5セルを使うのでI5セルには=H5と入力します。
I6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=I5+(H6-I5)*$H$4
となります。

J列で終値(E列)の指数移動平均を計算します。
初期値はE5セルを使うのでJ5セルには=E5と入力します。
J6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=J5+(E6-J5)*$H$4
となります。

K列でcenterの計算をします。centerはJ列の指数移動平均になります。
これまでと同様の形式の指数移動平均なのでK5セルには=J5と入力します。
K6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=K5+(J6-K5)*$H$4
となります。

L列でupperの計算をします。
計算式は赤枠内の
=K5+$L$4*I5
です。
L5セルをL6セルにコピーします。

M列でlowerの計算をします。
計算式は赤枠内の
=K5-$L$4*I5
です。
M5セルをM6セルにコピーします。

G6〜M6セルをコピーしてG7以下のセルにペーストすればAdaptive Price Zoneが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


デイトレードのネタ 2009夏
税込 1026円

ステーキを売るな シズルを売れ!ホイラーの公式
税込 1404円

「自分年金」はこの3つの銘柄で作りなさい!
税込 1620円

マルチチャート マニュアル 投資戦略記述言語パワーランゲージ
税込 10800円

図解 いちばん面白いデリバティブ練習帳
税込 1944円

京大院生が考えた「毎日10分で月10万円稼ぐ」副業FX
税込 1620円

私も絶対サラリーマン投資家になる!
税込 1512円

プライスアクショントレード入門 足1本ごとのテクニカル分析とチャートの読み方
税込 6264円


inserted by FC2 system