Adaptive Price Zone
Lee Leibfarthによって開発された価格指標です。中心線と2本の線で構成されるボリンジャーバンドに似た指標で、
中心線を2重指数移動平均、バンド幅を値幅(高値-安値)の2重指数移動平均で計算したボリンジャーバンドと考えると分り易です。
単体で使うことは想定されておらず、14日で計算したADXと組み合わせ使うことが推奨されています。

計算式
平滑化定数 α = 2 ÷ (Mの平方根 + 1)
bandwidth = (高値 - 安値)の2重指数移動平均(α,α)
Center = 終値の2重指数移動平均(α,α)
upper = center + N × bandwidth
lower = center - N × bandwidth

N,Mは任意、N=1.8、M=65を推奨
2重指数移動平均の初期値は終値とする。
日経平均終値とAdaptive Price Zoneの図




ExcelでAdaptive Price Zoneを計算する
Excelで使用する関数
使用するExcel関数はありません。
Adaptive Price Zoneの式は簡単です。計算の流れを順番に説明します。

H2,L4セルはAdaptive Price Zoneの計算に使うパラメータを指定するセルとします。

H4セルで平滑化定数を計算します。平滑化定数は2÷(計算日数の平方根+1)で計算するので
計算式は
=2/(H2^0.5+1)
となります。

G列で高値-安値を計算します。簡単な計算式なので計算式の説明は省略します。
G5セルをG6セルにコピーします。

H列でG列の指数移動平均を計算します。
初期値はG5セルの値を使うのでH5セルに=G5と入力します。
H6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=H5+(G6-H5)*$H$4
となります。

I列でH列の指数移動平均を計算します。
初期値はH5セルを使うのでI5セルには=H5と入力します。
I6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=I5+(H6-I5)*$H$4
となります。

J列で終値(E列)の指数移動平均を計算します。
初期値はE5セルを使うのでJ5セルには=E5と入力します。
J6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=J5+(E6-J5)*$H$4
となります。

K列でcenterの計算をします。centerはJ列の指数移動平均になります。
これまでと同様の形式の指数移動平均なのでK5セルには=J5と入力します。
K6セルの計算式は指数移動平均の計算式
=K5+(J6-K5)*$H$4
となります。

L列でupperの計算をします。
計算式は赤枠内の
=K5+$L$4*I5
です。
L5セルをL6セルにコピーします。

M列でlowerの計算をします。
計算式は赤枠内の
=K5-$L$4*I5
です。
M5セルをM6セルにコピーします。

G6〜M6セルをコピーしてG7以下のセルにペーストすればAdaptive Price Zoneが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


なんぼ儲けたいんや!? 超FX術
税込 1404円

スイングトレード大学 あらゆる状況にも対応できる低リスクの戦略とテクニック
税込 6264円

1万円ではじめるFX講座 改訂版 今さら聞けない外国為替の基礎知識
税込 540円

FUTURES JAPAN 2008年10月号
税込 925円

アペル流テクニカル売買のコツ MACD開発者が明かす勝利の方程式
税込 6264円

大事なお金は香港で活かせ
税込 2160円

外国為替の基本と取引がわかる本
税込 1620円

めおとFX 二人三脚トレード日記
税込 1080円


inserted by FC2 system