2 Pole Super Smoother
2 Pole Super SmootherはJohn F. Ehlersが開発した移動平均です。
2 Pole Butterworth Filterを改良したもので2 Pole Butterworth Filterよりも収束が良いことが特徴です。

計算式
c1 = exp(-1.414 × π ÷ N)
c2 = 2 × c1 × cos(1.414 × π ÷ N)
c3 = -(c1の2乗)
c4 = 1 - c2 - c1の2乗
P = (高値 + 安値) ÷ 2
2PSS = c4 × P + c2 × 前日2PSS + c3 × 2日前2PSS
Nは任意、初日、2日目は2PBF=Pとする
日経平均終値と2 Pole Super Smootherの図




Excelを使って2 Pole Super Smootherを計算する
Excelを使って2 Pole Super Smootherを計算する手順を説明します。

使用する関数
EXP(数値)
eを底とする数値の冪乗を返します。

PI()
円周率πを返します。

COS(数値)
コサインの値を返します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
2 Pole Super Smootherは2 Pole Butterworth Filterを改良したものです。
計算式中の中値にかかる係数と、中値の部分が2 Pole Butterworth Filterと違います。

H4セルは2 Pole Super Smootherの計算パラメータを指定するセルとします。

I4〜I7セルで各係数の計算をします。
I4〜I6セルの計算式は2 Pole Butterworth Filterのそれと同じなので2 Pole Butterworth Filterを参照して下さい。

I7セルで係数c4の計算をします。
計算式はc4=1-c2-c1の2乗なのでExcelの計算式は
=1-I5-I4^2
となります。

G列で中値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で2 Pole Super Smootherを計算します。
1日目と2日目はG列の値、3日目から計算値となるので、
計算式は
=IF(ROW()-ROW($H$4)<3,G5,$I$7*G5+$I$5*H4+$I$6*H3)
となります。

G5,H5セルをコピーし、G6以下のセルにペーストすれば2 Pole Super Smootherが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


林輝太郎相場選集4 株式成功実践論
税込 3024円

コーポレート・リストラクチャリングによる企業価値の創出
税込 8424円

おそるおそるの信用取引
税込 1620円

Mr.Hilton のデイトレ講座 【ストラテジーコース】
税込 41040円

マイ日経平均をつくっていやでも儲かるCFDのコツ
税込 1404円

新版 内藤忍の資産設計塾 外貨投資編
税込 1944円

スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック
税込 8424円

図解 1株100円から始める株成功術
税込 1080円


inserted by FC2 system