2 Pole Super Smoother
2 Pole Super SmootherはJohn F. Ehlersが開発した移動平均です。
2 Pole Butterworth Filterを改良したもので2 Pole Butterworth Filterよりも収束が良いことが特徴です。

計算式
c1 = exp(-1.414 × π ÷ N)
c2 = 2 × c1 × cos(1.414 × π ÷ N)
c3 = -(c1の2乗)
c4 = 1 - c2 - c1の2乗
P = (高値 + 安値) ÷ 2
2PSS = c4 × P + c2 × 前日2PSS + c3 × 2日前2PSS
Nは任意、初日、2日目は2PBF=Pとする
日経平均終値と2 Pole Super Smootherの図




Excelを使って2 Pole Super Smootherを計算する
Excelを使って2 Pole Super Smootherを計算する手順を説明します。

使用する関数
EXP(数値)
eを底とする数値の冪乗を返します。

PI()
円周率πを返します。

COS(数値)
コサインの値を返します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
2 Pole Super Smootherは2 Pole Butterworth Filterを改良したものです。
計算式中の中値にかかる係数と、中値の部分が2 Pole Butterworth Filterと違います。

H4セルは2 Pole Super Smootherの計算パラメータを指定するセルとします。

I4〜I7セルで各係数の計算をします。
I4〜I6セルの計算式は2 Pole Butterworth Filterのそれと同じなので2 Pole Butterworth Filterを参照して下さい。

I7セルで係数c4の計算をします。
計算式はc4=1-c2-c1の2乗なのでExcelの計算式は
=1-I5-I4^2
となります。

G列で中値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で2 Pole Super Smootherを計算します。
1日目と2日目はG列の値、3日目から計算値となるので、
計算式は
=IF(ROW()-ROW($H$4)<3,G5,$I$7*G5+$I$5*H4+$I$6*H3)
となります。

G5,H5セルをコピーし、G6以下のセルにペーストすれば2 Pole Super Smootherが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


2005年、金本位制復活
税込 1620円

両外しサヤ取り教程 再改訂版 (商)
税込 9720円

世界一簡単な株式分析ソフト 株富豪
税込 46286円

先物・オプション検定
税込 864円

コモディティデリバティブ入門
税込 3780円

めおとFX 二人三脚トレード日記
税込 1080円

FXを超えるCFDの教科書
税込 1404円

株式サヤ取り教室
税込 2097円


inserted by FC2 system