2 Pole Butterworth Filter
2 Pole Butterworth FilterはJohn F. Ehlersが開発した移動平均です。
信号処理のButterworth filterを使って移動平均を計算します。

計算式
c1 = exp(-1.414 × π ÷ N)
c2 = 2 × c1 × cos(1.414 × π ÷ N)
c3 = -(c1の2乗)
c4 = (1 - c2 + c1の2乗) ÷ 4
P = (高値 + 安値) ÷ 2
2PBF = c4 × (P + 2 × 前日P + 2日前P) + c2 × 前日2PBF + c3 × 2日前2PBF
Nは任意、初日、2日目は2PBF=Pとする
日経平均終値と2 Pole Butterworth Filterの図




Excelを使って2 Pole Butterworth Filterを計算する
Excelを使って2 Pole Butterworth Filterを計算する手順を説明します。

使用する関数
EXP(数値)
eを底とする数値の冪乗を返します。

PI()
円周率πを返します。

COS(数値)
コサインの値を返します。


IF(条件式,真の場合,偽の場合)
条件式を満たす場合は真の場合の値、満たさない場合は偽の場合の値を返します。

ROW(セル)
セルの行番号を返します。何も指定しない場合はROWが書かれたセルの行番号を返します。
2 Pole Butterworth Filterは前日と2日前のの計算結果も使って計算する移動平均です。
係数の計算が少々特殊なことが特徴です。

H4セルは2 Pole Butterworth Filterの計算パラメータを指定するセルとします。

I4〜I7セルで各係数の計算をします。
I4セルでc1の計算をします。
計算式はc1=exp(-1.414×π÷N)なのでExcelの計算式は
=EXP(-1.414*PI()/H4)
となります。

I5セルで係数c2の計算をします。
計算式はc2=2×c1×cos(1.414×π÷N)なのでExcelの計算式は
=2*I4*COS(1.414*PI()/H4)
となります。

I6セルで係数c3の計算をします。
計算式はc3=-(c1の2乗)なのでExcelの計算式は
=-(I4^2)
となります。

I7セルで係数c4の計算をします。
計算式はc4=(1-c2+c1の2乗)÷4なのでExcelの計算式は
=(1-I5+I4^2)/4
となります。

G列で中値を計算します。簡単な計算式なので式の説明は省略します。

H列で2 Pole Butterworth Filterを計算します。
1日目と2日目はG列の値、3日目から計算値となるので、
計算式は
=IF(ROW()-ROW($H$4)<3,G5,$I$7*(G5+2*G4+G3)+$I$5*H4+$I$6*H3)
となります。

G5,H5セルをコピーし、G6以下のセルにペーストすれば2 Pole Butterworth Filterが計算できます。

Excelファイルがダウンロードできない場合はリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択して保存すればダウンロードできます。


リバモアの株式投資術
税込 1620円

内なる声を聞け 「汝自身を知れ」から始まる相場心理学
税込 3024円

世界一やさしい金融工学の本です
税込 1728円

ゴールド・バブルの崩壊 金は2012年に買いなさい
税込 1728円

相場勝者の考え方 短期売買をビジネスにするための心理
税込 699円

FX自動売買ロボット作成マニュアル
税込 2808円

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略
税込 4104円

相場技法抜粋
税込 1080円


inserted by FC2 system